スポンサーサイト 

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。


 Pentel きらり 

小学生の頃、ほとんど遊びに行くのが目的で習字を習っていました。
目的が遊びでは字が上達するはずもなく、
自分で書く筆文字は微妙だという自覚はありました。
それから月日が流れても、微妙な筆文字というスタンスは変わりません。

でもね。
筆で字を書き散らすのは好きなんです(笑)
特に墨の香りがたまんない(爆笑)
文房四宝なぞ無縁ではありますし違いもわかりません。
そもそも楷書しか読めないし。
そういう人間であっても筆で書くということの面白さは少しは感じるわけで。

ただ、硯だとか筆だとか文鎮に水入れとかの習字一式は
授業ですら使わなくなって以来見ないので、きっと処分してしまったのでしょう。
もちろん子供の練習用クラスなので良いものであるはずもありません。

道具はなくても気軽に筆文字が書ける、
ある意味ヘンタイなペンが筆ペンです。
(しかし最初に筆ペンを考案したのはセーラーだったらしく。
なんで特許取っておかなかったんだよ商売下手だなあ)

普通なら筆ペンだって年賀状のときくらいにしか用はないはず……
なんですが。
なんの因果か仕事中のポケットにマイ筆ペンがいる不思議。
だってのし書きが回ってくるんだもん……。

という謎環境にいる私ですが。
最初は普通に職場に置いてある、ぺんてるの「つみ穂」を使っていました。
しかし、あやつは本体が長くて持て余す。
いいのがないかな~とか思っていた矢先に見つけたのが、
このぺんてるの「きらり」シリーズだったのです。

IMGP7015.jpg
IMGP7016.jpg

筆ペンなのにピンク!?
誰得!?
もちろん私得です(笑)

当初付属していたカートリッジは使いきって、買い足してます。
カートリッジの形状が所持万年筆の各メーカーのものと違っていて
間違える可能性は少なさそう。
(間違えたらどうなるのか……って、たぶん普通に刺さらないでしょう)

ただこれ「中字」なので、私の好みよりやや太い。
大きく書くのにはいいんですけど、
ちまちま書く必要のある時には文字がつぶれてしまう。
ぺんてるさん、穂先だけ「つみ穂」に交換できませんかね、これ?


ところで。
本家本元(?)のセーラーの優美蒔絵風筆ペンもすごく気になっています。
ピンクはないんで赤か白を選択することになるだろうけれど。
あと、軸柄が豊富なあかしやの筆ペンにもかなり惹かれていたり。
筆ペン風の硬筆ペンにはさっぱり萌えないんですけどね。

 この記事へのコメント 

この記事へコメントする














(△お好みの文字サイズになるまでクリックしてください)
05 | 2017/06 | 07
- - - - 1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30 -

高瀬あずみ

Author:高瀬あずみ
関西在住。持ち物をピンクで揃えようと努力中。

名前:
メール:
件名:
本文:

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。