スポンサーサイト 

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。


 KOKUYO 100TH CENTURY EDITION RRECORD BOOK 

横文字でずらずら書くと何だかわかりにくいですが、
ノートで有名なコクヨさんが
「洋式帳簿用紙を開発して100年だから記念ノート出したよ!」
ってえノートです。

初めて文具店で見たとき、「ヤバイ」と思い、
見なかったことにしました。
ついつい踊らされてしまうノート道楽者とはいえ、
最初の1ページに試し書きしただけで満足して
後はしまいこむのが目に見えているからです。
何しろ、使いたいけどまだ使い切っていないノートが山盛りですから。

でもねえ。
この呷りは卑怯だわ。
「万年筆やボールペンで鮮明に書け、にじみにくく、裏抜けしにくい」
こんなこと書かれたら万年筆ユーザーなら試したくなるというものです。

それでも最初に見た分(横罫)はスルーできました。
小口の斜め縞が好みでなかったから。
しかし方眼罫の小口は紗綾ぽくてOKだったという。
私の好みってのもわりと適当かもしれない。

選んだのは方眼罫で、グレイ表紙に黄色の見返し。
見返しはもっと落ち着いた色でも良かったんですけどねえ。
でもこのグレイ表紙が昔のハードカバーの表紙っぽくて。
東洋文庫とかにも無駄にときめいてしまう私ですから。
(東洋文庫:平凡社が出しているいささかマニアック系文芸ハードカバー。
今時ベージュ系外箱にパラフィンカバー、深緑の布クロスに金の箔押し)

IMGP7075.jpg
IMGP7076.jpg
なかなかときめく装丁でございます。
個人的にA5は大きすぎるのでB6が一番使いやすいんですが、
いかにもノートらしくて、これはこれでいいかと。

実際、月夜を吸わせたモリス3期ネイビーで試し書きしましたら。
あら、するする~。
裏抜けは細字ではあまりわからないから意味なかったかも。

ちなみに最近、ノートや便箋購入時のポイントは
made in JAPANだったりします。
やはり紙質にこだわると日本製が一番安心できるから。

ところでこのシリーズ、便箋もあるらしいのですが
実物にお目にかかったことがありません。
かなり良さそうなんですけどね。
このノートを手に入れてしかし一番強烈だったのは
「大正二年 国誉謹製」。
コクヨって国誉だったんだ!!!
国の誉れって、すごく良い名前で逆にインパクトあり。

しかし家族が「なんかノート頂戴」と来るとどきっとします。
「待って! それは万年筆用の1冊××円するやつだからヤメテ~!」
値段ばれたら呆れられるノートばっかり増殖するってのも、
本当に問題……。



 この記事へのコメント 

この記事へコメントする














(△お好みの文字サイズになるまでクリックしてください)
05 | 2017/06 | 07
- - - - 1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30 -

高瀬あずみ

Author:高瀬あずみ
関西在住。持ち物をピンクで揃えようと努力中。

名前:
メール:
件名:
本文:

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。