スポンサーサイト 

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。


 うちの茶縞はM600 

そもそも、2014年にペリカンのクラシックM205コニャックに使用する目的で
ペリカンEdelstein Amberインクを購入いたしました。
コニャックの発売をとても楽しみにしていたのですが、
いざ発売されて実物を眺めると「違うわ、これ」に。

色やデザインは本当に素敵なんです。
しかしM600ルビーレッドに慣れてしまった後だと、
M200のサイズはまず小さく、頼りない。
更に、わざわざペリカンの万年筆を購入するなら鉄ペンはいらないなあと。
お値段は釣り上がりますが金ペンなら行ってたかも?
別でサイズの合う金ニブを入手するという方法もないではないのですが、
ピンクでもない万年筆にそこまでする気はまったくありませんでした。
手配が面倒だし。

そうなるとAmberが浮くんです。
我が家では「軸色に合わせた色のインクを使う」というルールがございます。
ピンク軸には赤かピンクのインク。
赤軸には赤インク、オレンジ軸にはオレンジインク。
青軸には青インク、黒軸には黒かグレイ。
ちょっと変化球で白軸には青かグレイのインク。
透明軸には緑か紫のインク。
……じゃあ、それ以外の色のインクはどうなるの?
そう。我が家では茶系インクはペン難民なのでございます。
こんなに沢山万年筆があるのにねえ。

透明軸をもっと自由に使ってもいいのではないか
というご意見もあるかとは思いますが
透明軸には目で見て楽しいきれいな色を入れたい。
現状、我が家の透明軸は軒並み緑系インクを吸っています。
紫インクも難民化していると言っていいでしょう。

で、Amberはそのまま仕舞い込まれていました。
正直、忘れてました。
それが今年の夏、うっかり増えるパイロット色雫小瓶のために
インク棚を整理していると存在を主張するように落ちてたのです。
Amberは実に良い色。
できるならば使いたい。
でもAmberのために茶色の万年筆を購入するのはあまりに本末転倒の無茶なお話。
そもそも今、入手できる気に入る茶系軸万年筆なぞありませんでした。
でも使いたいしなぁ、どうしようかなぁ。

と、悩んでいると母が「こんなもの見つけたんだけど」
18cm四方の白い箱を持って参りました。
箱の中にはどこかで見覚えのあるペリカンの紙箱。
DSC00530.jpg
その中にはインク瓶と万年筆とBP。
DSC00531.jpg
見た瞬間、叫びました。
「私、これ使う!」

ペリカンの茶縞については趣味文などで読んでいて
ようやくM800に続いてM400が限定として発売されたというのは
なんとなく覚えていたのですが、
私の好みからいくといささか黄味の強さがひっかかり、
早い話、眼中になかったのです(笑)
それに私の手にはM800は大きすぎ、前述のコニャック同様M400は頼りない。
そうなるとM600しかありえないでないですか。
その上、他の限定茶縞に比べて黒味の多いこの茶縞は
ピンク愛好家の中の何かを揺さぶるものがありました。
DSC00532.jpg
DSC00533.jpg

そう、私は悟ったのです。この茶縞こそ
「M600じゃなきゃヤダ」
「金ペンじゃなきゃヤダ」
「気に入った軸のペンじゃなきゃヤダ」
「納得できなきゃわざわざ買うのヤダ」
という私のヤダ条件をことごとくクリアさせて自分を使わせようとする
Amberの計らいだということを!

DSC00536.jpg
DSC00535.jpg

保証書などから1999年に丸善130周年記念として
万年筆とBPのセットで500組限定発売されたもののよう。
その上、Fニブで未使用。
売ったら売れるとも一瞬思いましたが、
それよりAmberで使いたいという気持ちが上回りました。
使ってみると海外Fですからそれなりではありますが許容範囲の字幅。
もううちの子ですとも。
Amberも満足そうです。
DSC00534.jpg

勘の良い方ならこのペンが「他力本願」に属するくせに
「万年筆(その他の色)」にカテゴリされていることに気づかれたかもしれません。
これから何本かそういうのが出てきます(笑)
天冠の画像を撮影しそびれましたがひとりっ子政策前でヒナは2羽。

ところで。
お揃いのBPにまったく用がないのです。
きれいだとは思いますとも。
しかしこれから先の記事にしていくつもりですが
BPが本当にやたら出てきてですねえ。
とてもじゃないけれどこのBPにまで手が回らない。
これだけでも需要ありますかね?

 この記事へのコメント 

この記事へコメントする














(△お好みの文字サイズになるまでクリックしてください)
06 | 2017/07 | 08
- - - - - - 1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30 31 - - - - -

高瀬あずみ

Author:高瀬あずみ
関西在住。持ち物をピンクで揃えようと努力中。

名前:
メール:
件名:
本文:

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。