スポンサーサイト 

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。


 万年筆にはまるきっかけは 

ガラスペン

「楽しいよ」
と、友人からガラスペン1本と小瓶に入れたインク2色をもらったのが5月中旬。

よく雑貨屋でおめにかかるルビナートなどではなく、
実用本位は佐瀬工業製のペン先を交換できるタイプです。
軸はプラスティックで、ペン先を軸に収納してしまえる優れもの。
軸まで全部ガラスのものは取扱いが怖いですが、これなら安心です。
ただこのタイプは現在製造中止のようで残念です。
インクも友人の調色した使いやすい青系と緑系。

どれどれと試してみたら、細い字がすらすら書けて楽しい!
さっそく手紙を書散らしてみたり。

友人はそれはたくさんインクを持っているらしいので、
「赤とかピンクのインクも欲しい♪」とねだってみたところ、
赤系8色と青系1色を用意してくれました。
うーん、太っ腹。

この何かと波長の合う友人がはまっているのですから、きっと万年筆も楽しいに違いない。
何より、このきれいなインクたちを使ってみたい!

それがきっかけでした。



 この記事へのコメント 

この記事へコメントする














(△お好みの文字サイズになるまでクリックしてください)
09 | 2017/10 | 11
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31 - - - -

高瀬あずみ

Author:高瀬あずみ
関西在住。持ち物をピンクで揃えようと努力中。

名前:
メール:
件名:
本文:

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。