スポンサーサイト 

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。


 加藤製作所カンパニー セルロイドパラフブルー 

我家では異質の類のブルー軸。
だってピンクなかったし。
もう入手できないかもだし。

kato3

言い訳からはじまってしまうのは、
うちは「ピンクの万年筆(たまには白もいくぜよ)」をコンセプトにしているからで、
別に何色の万年筆を買おうがかまわないはずなのにひしひし感じるアウェー感。
2本目の加藤製作所カンパニーの万年筆。

kato4

私がチョイスするには渋すぎる感じでもあるのですが、
やはりきれいで軽いぞセルロイド軸。

そしてポイントが高かったのが、
これが加藤製作所に多いバランス型(先が丸い)でなく、
ベスト型(先が平たい)であったことです。
更にペン先が日本製(メーカーは不明)で金ペンであったこと。
セーラーかプラチナの可能性はあるのですが。

面白みとか迫力のあるペンではありません。
でもご縁があってしまったので京都文明商社にて入手。
たまには青が恋しいことだってあるさ。


加藤製作所カンパニー セルロイド万年筆 ブルー
ペン先:14k 字幅:M (中型ニブ、日本製)
ボディ:セルロイド ブルー
収納時約130mm、筆記時約154mm
カートリッジ、コンバーター両用式

(ニブには「SUPERIOR 14k LIFETIME GRATIFY JAPAN」の刻印あり)

ヴィスコンティ ブルー 使用


 この記事へのコメント 

この記事へコメントする














(△お好みの文字サイズになるまでクリックしてください)
10 | 2017/03 | 11
- - - 1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30 31 -

Author:高瀬あずみ
関西在住。持ち物をピンクで揃えようと努力中。

名前:
メール:
件名:
本文:

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。