スポンサーサイト 

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。


 新年所感 

あけましておめでとうございます。
すっかり明けてしまっていますが。

さて、勢いと情熱のままこんなブログをはじめて2ヶ月ばかり。
本数だけ見ればコレクターの資格十分な感じ(しかもどこかチープ)ですが、
実質万年筆歴3ヶ月(!)の超初心者なわけです。

そこで言いたいのですが。
初心者はどこにいるの!?

文具系ブログも数多ございまして、日々あちこちと拝見をしております。
しかし皆様開設までに既に万年筆に親しんでこられた方ばかり。
自称マニアな方々はお持ちの万年筆も逸品揃い。
舞い上がってブログまで始めたりした自分、どれだけ浮いているか。

初心者なりにですね、感じたことを誰かの参考になればと書き綴っております。
自分が書きやすいと思えばその万年筆はOK。
固めだろうが柔らかめだろうがどんと来い!
正直、どう違うのかとかあまり分かっていない。
楽しく書ければそれでいいんじゃない?
なので真面目な比較と考察とかは得意な方におまかせして
今年もマイペースに更新していくつもりです。


だいたい、文章をだらだら書くのが大好きなんです。
その内容がただ今激愛中の万年筆とあれば、キーを叩くのもまた楽し。
頭の良い内容は書けませぬ。
人間に深みがないもので。
でも、ちょっとお茶しながら眺めるには適度なぬるさと軽さかな、
とか自分で言ってみる。
「あーあ。また暴走してる」くらいに温かくぬるく見守っていただきたいと。
面白がって読んでくれている友人たちもいるみたいだし、それは嬉しい。


さて2011年なんてどこのSF!?
って新しい年を迎えてしまったのに。
元旦も2日も。
夢が万年筆絡み。
まるで今年一年を暗示しているような……。


というわけで捕獲を狙っている万年筆を上げてみましょう。

1.モンテグラッパ ミクラ ピンク

これは今月「自分へのごほうび」とやらで捕まえにいく予定。
一目惚れしたのは早い時期だったのですが、
予算とか予算とか予算とか……&勢いとか足りなくて。

2.ナガサワPenStyleMemo 125周年 ピンク

もう完売してますけどね。
でも諦めない!
網張ってます、情報求む。
高額買取いたします(笑)

3.ウォーターマン レディ・アガサ

これも過去の完売品ですね。
しかし『世界のブランド万年筆』(だっけ?)で見てずきゅん!
万年筆と同じケースに入っているというのがポイント高くて。
日本では4種類販売されたそうですが、
できれば赤系かパープル系が欲しい。
ピンクないのが痛いけど、それを上回る魅力があるし。
やはり網張り中。
でもebayとか海外通販とかはしたくない……。

以上3点が私の「欲しい」ベスト3なわけですが。
……なんで全部小さいかな(笑)
小さい万年筆が好きなんでしょう、やっぱり。

ミクラ以外は難しいだろなあ。
でも「言霊」はあるし、言葉にしておけば縁も出来るかもとか。
下心とか言うかもしれませんが。

現在も手配中とか入札中とかそういうのもありますし、
何より
「ピンクの万年筆は私のもの!」
って絶対どこかで思ってるんですね。
ピンからキリまで。
あまり高いのは遠慮したいのですが。
ピンクの万年筆を見たら、私のことを思い出してください(笑)


こんな感じですが、どうぞ今年もよろしくお願いいたします。

 この記事へのコメント 

このコメントは管理人のみ閲覧できます
>Y様

情報ありがとうございました!
これは知らなかったので嬉しいです!
別腹で愛でます
あけましておめでとうございます
さっそくすごい更新が!
面白がって読んでるひとりです。
今年もよろしく暴走してください。
・・・万年筆本体もだけどインクもかなり暴走してる気が・・・
>へいほー様

あけましておめでとうございます♪
楽しんでいただけたら何よりです。
万年筆とインクはセットで暴走するものだと個人的に思っております。
インクの方が暴走しやすいのですが(価格的に)。
ご当地インクも楽しいですし、そのうちお願いするかもしれません。
どうぞ見守ってくださいませ。
もっと早くこの記事にコメントを差し上げたかったのですが、遅くなってしまいました。
申し訳ございません。

新年の御慶、めでたく申し納めます。
(遅きに失した感はありますが、どうかお許し願います……)

「初心者はここにもいますよ~!」と叫びたいぐらいです。
私は10年近く万年筆を使ってますが、初心者の域を出てません。
買う万年筆もみなチープで、ちゃんとしたのはカスタム742の一本だけです。
まだ大学生の身なので、派手な買物は出来ませんけど。
逸品揃いのブログを見るたびに、私は自分の貧弱なコレクションを嘆くばかりです。
浮いているだなんて、とんでもない……
あずみ様のブログはまだまだマシですよ。私のブログの方が相当浮いているような気がします。

ちなみに私は筆圧が高いので、硬めのニブが好きです。
ピンクの万年筆にも魅力はあると思います。黒・マルーン・青・緑だけでは寒々しいですからね。
>ヘンリー様

ご丁寧にありがとうございます。どうぞよろしくお願いいたします。

十年使用されているとなれば、初心者ではありませんよ!
大先輩です。
万年筆の楽しみ方のひとつとしてコレクションという方法もありますが、
それは社会人になられてからの楽しみに取っておかれれば良いと思います。
今はお手持ちの万年筆たちを大切に使っていかれる時期なのではないかと。
コレクションになってしまいますと
「使わない」という道具としては不本意な立場に追いやることも増えますから、
ヘンリー様の万年筆はたくさん使ってもらえて幸せなペンです。

私はかなり急ぎすぎて集めてしまいましたが、
じっくり吟味できる時間を与えられているのだと考えれば
それも十分幸せなことではないでしょうか。

筆圧が高いのは私もです。
ですから背伸びして金ペンを得るより、
信頼でき、かつ懐にも優しい鉄ペンを極めるなどの道も楽しいかもしれません。
10年使ってますけど、インクの種類には詳しくないですよ……
神戸インク物語やきれいな色のインクがあるのを知ったのは最近です。

使わなければ万年筆も傷んでしまいますしね。
手持ちの7本を交互に使い込んでいきたいと思います。

カスタム742の次に手に入れたのがウォーターマンのスリムタイプ(商品名不明)で、10年近くその2本を使用だけしてまいりました。
確かに愛着はありますね。
プレラとサファリを手に入れたのは去年のことです。

そうですね。最近の鉄ペンは品質が格段に向上しているので安心して使えます。
この記事へコメントする














(△お好みの文字サイズになるまでクリックしてください)
07 | 2017/08 | 09
- - 1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31 - -

高瀬あずみ

Author:高瀬あずみ
関西在住。持ち物をピンクで揃えようと努力中。

名前:
メール:
件名:
本文:

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。