スポンサーサイト 

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。


 ノート改造 

1度mixiの日記で書いたことがあるので改訂版になりますが。

万年筆で使用するノート選びは非常に迷います。
これまでノートはB5のリングタイプで主にピンクのものを愛用していたのですが、
あるその手のノートが万年筆だと裏写りと滲みがひどすぎて片面しか使用できませんでした。
そんな時に出会ったのが
「万年筆のための紙を使ったノート」大和出版印刷のLiscio-1。
https://fromkobe.jp/contents/1-15.html

何種類か出ているうち、5mm方眼の16cm正方形のノートを神戸でGET。
書き味も良く、本気で万年筆と相性がよくて紙はすごく気に入りました。
しかしこのノートには欠点がありまして。
とにかく開きにくい。
そしてこれはノートのせいでなく私の好みですが、横幅16cmは広すぎました。
そんなこんなで、使わず放置。

さて年末から本屋だろうが雑貨屋だろうが手帳が山盛り。
あちこちで目に入る気になるあいつ。
革表紙のトラベルノート(MIDORI)。
見本を触っていると気持ちよくて、つい欲しくなってしまいますが
お値段が可愛くない上にピンクがありません。
でもこれって、結局表紙が革てところがミソなわけで。
「革、貼っちゃえばいいんじゃない?」
そして思い出したのが放置のLiscio-1だったのです。

1.表紙とノート本体をはがす。
2.ノート本体を開きやすいようぐいぐい押し広げる。
3.ノート本体の横幅を11cmにカット。 表紙も11.2cmにカット。
4.表紙の背部分、表紙裏面に両面テープを貼り、ノートの最初と最後のページを表紙に接着。
5.表紙にサイズを合わせたピンクの革を貼り付け。四隅を丸くカット。
6.ノート本体ページ全部を角丸カット。
7.革表紙の正面にアップリケ接着。
8.革表紙の裏に穴をあけてポニーの飾り部分を通したゴムをつっこむ。
9.余った革のはぎれ(?)で栞作製。

こうして、私にとって究極のノートが完成いたしました。

lis1

大和出版印刷の方から見れば、思いっきり魔改造だけれど。
主に使用インク一覧などを記入していたり。
ちなみにノートのカットした部分はインクの色見本用に活用中。
紙が白くインクの色がそのまま出やすいからです。
ただモンブランのシーズンインクたちは滲みます。
ちなみにLiscio-1の欠点である開きにくさは、
背表紙の幅が狭すぎるせいかと。
現在は表紙を更に補強して栞ひもを挟み込んでと、ぷち改造は進んでいます。

lis2

これに味をしめて、トラベルノートのレフィルに同じように革を貼り付けたり、
RODIAメモも切り取りできるメモよりノートの方が好みなので
本体カットして接着しなおして革表紙のミニノートにしたりと、
色々遊んでいます。
無印のノートも改造したいなあ。

しかし一番使用頻度が高いのはMDノート文庫版無地(MIDORI)。
気楽に持ち歩けるせいですが。
一応LiFEノートやツバメフルース、満寿屋MONOKAKI、KOKUYOのミオなども試すべく購入したわけですが、
紙の白さでLiscio-1、使い勝手の良さでMDノートという感じです。
ノートは実際に購入して使ってみないと万年筆との相性が分からないのが困りますよね。
また、使用しているペンの字幅やインクでも左右されますし。

Liscio-1は無地の紙だけも入手したので近々ノートを作る予定ではいます。
自家製ノート作りのノウハウと材料は持っているので。
友人は豆ノートをさっそく作っていて、いい感じです。
あと、ほぼ日に使用されているトモエリバーも購入してノートを作ってみたい!
購入ロットが多すぎて実現はしていませんが。

名前を挙げたノート類は文具系のブログではよく見るものばかりで目新しさはないかと思いますが、
こんな改造している奴はすくないかな~と、改めて記事にしてみました。

 この記事へのコメント 

こんばんは。ここまで改造を施されればノートも嬉しいでしょうね。
ここまで器用だったらいいんですが、私にはどうしようもありません。

私ももう少し高級なノートを使ってみようと思います。
キャンパスノートだけでは心許ないですからね。
>ヘンリー様

私はすごい不器用ですよ。
これも基本的に切って貼ってるだけですから。
手際がすごく悪いんですが、作ったりするのは好きなんです。

大学でのノートは大切ですよね。
万年筆の場合、細字ならまだましですが紙を選びますし。
それでも日本の紙は基本的に優秀ですけど。
Liscio-1はかなり価格が高いので普段の授業で使うにはおすすめできませんが、
ツバメノート(フルース紙)が比較的価格おさえめです。
この記事へコメントする














(△お好みの文字サイズになるまでクリックしてください)
05 | 2017/06 | 07
- - - - 1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30 -

高瀬あずみ

Author:高瀬あずみ
関西在住。持ち物をピンクで揃えようと努力中。

名前:
メール:
件名:
本文:

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。