スポンサーサイト 

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。


 閑話休題 

友人のインク瓶イラスト第二弾です。

caran

今回は瓶とインクの発色に定評のあるカランダッシュのBlue Skyがモデル。
これの実物は私のStormと一緒に入手されたものです。
まだ実際に色は見ていないのですが、
カランダッシュのインクはどれも懐さえ許せば揃えたいくらいきれいですよね。

で、このイラストですが。
悪名高い(?)上げ底の様子が、格別に美しい!
ガラスの質感と透明感が伝わってきますよねえ!
これも大好きです。


以前、ちらりとコメントで言っていた「万年筆本」ですが。
本気で作ることになりそうです。
ただし、どこに需要があるのかは謎。
そして配布方法も未定。
更に2人の趣味で完全手作業の豆本仕様という……。
たぶん10部も作ったら私が作業に飽きそう……?
友人のイラストは一見の価値がありますが、
抱き合わせ予定の私の方は字書きなので方向性に迷い中。
一応ほのぼの無難路線で考えてはおりますが。


 この記事へのコメント 

はいはいはい需要がここにノノ
ガラスの光沢が非常に美しく
見ているだけでわくわくするインク瓶を見事に再現したイラストと
読んでるだけでわくわくするあずみさんの文章が満載の本とか
考えただけでわくわくしますったらもう
>へいほー様

あなたの分は特別枠になっておりますので。
でもこれからどう転ぶのか未定。
今は「こういった装丁がいい」とか中身がまだなのに盛り上がっています……。
誰が作るの?

ほくほくのイラストは本当にきれいですよねー。
透明感があるのに温かみが感じられない。写真画像と違った良さが大好きです。
万年筆本の話が徐々に具体化してきましたね。
ますます楽しみになってまいりました。
>ヘンリー様

瓢箪からコマでかなり本気になってきています。
ちゃんと実現するよう己に発破をかけなくては!
(足だけはひっぱらないように……)
陰ながら応援してます!
この記事へコメントする














(△お好みの文字サイズになるまでクリックしてください)
05 | 2017/06 | 07
- - - - 1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30 -

高瀬あずみ

Author:高瀬あずみ
関西在住。持ち物をピンクで揃えようと努力中。

名前:
メール:
件名:
本文:

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。