スポンサーサイト 

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。


 国産レトロ短軸その2白軸花柄 

すっかり昔の短軸万年筆の虜となってしまったわたくしですが、
最初の3本は良くも悪くも超絶にシンプル。
軸色がきれいなのが救いですが、やはり何か物足りなく、
そんな折に立て続けに出会いがあったりするのです。
……誰か、どこかで見てる?

tan6
tan7

個別に紹介していきますと、まずプラチナ・ポケットのバラ柄。
ペン先:14k 細字

tan8

「好きな花は?」と聞かれれば「桜と薔薇」と答える私。
桜アイテムにも弱いが薔薇アイテムにも弱いときています。
これがまた清楚な白軸ということで、一発ノックアウト。
オークションにて捕獲。
純正プラチナカートリッジ黒使用(←非常に珍しい)


次はパイロット・ショート。チェリー柄。
値札シールに「レディ 14k ゴールド」の記載あり。
ペン先:14k <F>

tan9

これは京都市内文具屋探索で見つけたデッドストック。
お店の人が奧から探して出してくださったのを見た瞬間に心奪われました。
こんな出会いがまだあるなんて!
Dr.Jansen CherryをCON-20にて使用


チェリーとスペックはまったく同じなパイロット・ショート。
(個人的に「花咲く木」と呼んでます)
ペン先:14k <F>

tan10

チェリー柄と同じお店で発見したペン。
この柄は初めて見るものだったので、それでも興奮。
パイロットiroshizuku夕焼けをCON-20にて使用。

ちなみにこのお店の短軸の在庫はほぼパイロット。
パイロットは短軸でもCON-20というコンバーターが使えて便利ですよね。
ただCON-20、ちゃんと吸い上げられているのか不安になりますが。
さすがに値引きなんか言い出せず昔ながらの価格で頂戴。
場所?秘密です。
だっていずれ残りをさらいに行く予定ですから!

しかしクリップ以外はまるで同じメーカーが同じコンセプトで作ったような3本です。
この金属の本体の上から白い塗装をほどこされた柄物は、
これからも見つけ次第確保することを誓うのでした。

書き味はもちろん大満足。
細く美しい気がする文字が書けます。
可愛い上に書きやすく、ものすごく気に入っているのですが、
万が一塗装が剥げたら悲しいので外には持ち出しません。

さて最終回(暫定)「国産レトロ短軸その3メタリック」をお楽しみに!

 この記事へのコメント 

この記事へコメントする














(△お好みの文字サイズになるまでクリックしてください)
07 | 2017/08 | 09
- - 1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31 - -

高瀬あずみ

Author:高瀬あずみ
関西在住。持ち物をピンクで揃えようと努力中。

名前:
メール:
件名:
本文:

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。