スポンサーサイト 

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。


 国産レトロ短軸その3メタリック 

本日紹介分だけでまとめて撮影するのを忘れていましたので個別に。

tan11
パイロット・ショート。
ペン先:14k <f>
メタリックピンクの上にオレンジ系の花の咲いた木、という柄ものです。
これも先日襲撃した文具屋での収穫品。
何故か白軸たちより500円高かったんですが。
パイロットiroshizuku松露をCON-20にて使用。

tan12
プラチナ・ポケット。
ペン先:18k 細軟
銀色のキャップと軸がマットに仕上げられストライプになっています。
キャップリングを木の葉(枝?)の柄が取り巻いている品の良いペンです。
天冠部分と同軸の端のみ光沢仕上げされていて、その部分が丸みを帯びています。
プラチナポケットは同軸のエンド部分が角をおとした四角になっているものが多いのに。
文具屋襲撃の収穫品。
その店の短軸の中では唯一のプラチナでした(後は全部パイロット)。

tan16
プラチナ・ポケット。
ペン先:14k 細字
マットな銀色のボディに赤い花のブーケが描かれています。
リングがダイヤモンドカットのようになっていてキラキラします。
首軸は鮮やかなピンク。

tsn17
プラチナ・ポケット。
ペン先:14k 細字。
マットな金属軸の上にらぶりーなイチゴ柄。
デッドストック品ですが、キャップのクリップ横などに小疵があるのが残念。
これは首軸が白ですが、赤かピンクのものもあったそうなので
そちらもできれば欲しいです。
(☆後日ピンクを入手し、白は譲渡いたしました)

tan13
プラチナ・ポケット。
ペン先:14k 字幅表記はペン先の露出部分が少なくて見えません。
つるんとしたマット状のキャップと胴軸に光沢のある線で簡易な花のようなものが描かれています。

tan14
セーラーmini、21。
ペン先:21k 細
画像はピントが合っていないのでわかりませんが、キャップリングの上に
クローバーのようなものが2列に並んできっちり描かれています。
私の好みからはシンプルすぎるのですが、短軸の21kの書き味を知りたかったので入手。
軸が丸みを帯びているのも私には珍しく写ります。


で、昨日今日の紹介したものをまとめて撮影してみました。

tan15

正直、一挙に増やしすぎて自分でも把握しきれていません(汗)
まだ届いていないものや撮影していないものもありますし。
本来、入手したペンにはインクを入れて使ってみるというスタンスなのですが、
これだけ一挙に増えるとインクの割り当ても難しく、さすがに使い切れないというのもあり、
コレクターアイテムに終わってしまうかもしれません。
でもできれば使いたいのですが。
インクを入れないと所持万年筆とインクを書き込んでいるノートにも記入できず不便
(そのペンでそのペンの簡易イラストを描く……というふうにしているので)。
それでも最近は短軸たちの方が1軍より使われているという逆転現象まで……。

これを見た方たちももれなく集め始めてしまう呪い(?)をかけておきます。
短軸はまとまったらまた紹介いたします。

 この記事へのコメント 

圧巻の画像ですね。素敵です。
あ、ということは私にも呪いがシッカリかかってしまった?

いかんせん、手が巨大で粗忽ゆえ
この手の繊細なものには手が出ません。
でもいいですよね。
女性がこういうのをちゃっと出して
メモなんてとっている姿を思うと。
・・・とオッサン的な発想で済みません。

実は私、大学の四年間神戸がホームだったので
甘味処もいくらか知っていますよ!
ケーニヒスクローネのような有名どころから
ちょっとマニアックなお店も 笑。
ただ、もう十年近く前のことなので
情報が旬ではないかも。又調べておきますね。
こんばんは。一気に増えましたね。ついに60本を突破ですか。
12センチ…… 本当に短いんですね。
計算し尽くされたバランスがここにも生きているのには感動しました。
何故廃盤になってしまったのかが不思議でなりません。
ある通販サイトで価格を見ましたが、金ペンとは思えぬ安さ!
春休みに頑張って探してみます。売切れ御免……

こういうショートタイプなら今の若い人が使っていても違和感はないと思いますが、やはりダメなんでしょうかね。

私に年齢詐称疑惑が出ているようですね……
そんなことはございません。私は正真正銘の平成元年生まれです。
小学生の頃は「ハチロク48、ハチシチ56、ハッパフミフミ、エリートSは2000円!」と唱えてましたけど。

確かに発売時期からすれば、ショートタイプは“おばあちゃん”でしょうね。
>大阪のオバチャン様

ありがとうございます、呪いにもかかっていただいて(笑)
私が紹介しているのは女性向きの小さいものですが、
何しろ大流行商品でしたから実用的なさまざまなサイズのものが出ていたようです。
少なくとも店頭で見つけたら「気になる」「保護しなきゃ」という気持ちになられるはず。
それこそ呪いというものです。
繊細とまでは感じませんので手粗い扱いでも塗装もの以外は大丈夫かと。

では神戸のカフェ探しはおまかせで~♪
>ヘンリー様

ここにきて一挙に増えまして。
なまじ安いものだから増える性質があるようです。
春休みには買いすぎ注意で。

若い人が使ってダメ、ということはないのですが、
結局センスの問題と流行との関係かと。
個人で愛用するのには問題ないです。

年齢公表せずブログされていたら、ものすごく年上に思われたに違いありませんよ?
あずみ様お気に入りの秘密の文具屋(笑)に、黄色軸のショートは
残ってなかったでしょうか? 例えば、こちらで紹介されてる
http://581-7979.at.webry.info/201101/article_2.html の
黄色軸など…。もし残っているようでしたら、代理購入お願い
出来ませんでしょうか?パイロットでもセーラーでもOKです。
厚かましいお願いですので、良ければと言う事で…。

ショートタイプ?(ポケットタイプ?)は、ミューを代表に、
何本か所有してましたが、最近、ミューとプラチナポケット18の2本を
残して処分してしまいました。
でも黄色軸であれば、是非欲しい…(笑)
不躾なお願いですので、気にはなさらないでくださいね。色付きの文字
>春休みには買いすぎ注意で。
買いすぎ注意…… その一語に尽きます。
買いたい万年筆が次から次に増えるので、まずは欲しいものリストを整理せねばなりませんね。
歌謡曲・オールディーズのCDを買うお金も残しておかないと……

>結局センスの問題と流行との関係かと。
そうでしょうね…… 私のセンスは世間から大分ずれてます。

>ものすごく年上に思われたに違いありませんよ?
私が年配者であると信じて疑わなかった方も、確かにいました……
前回の神戸で、ぺんぱれーどうさんの
モリソンを、
ぐわしっと
持っていかれたお方がいらっしゃいますう。
あずみさんのばあい、ピンクというフィルターがかかっているで、
どんどんどんどんどんどん増殖しないでしょうけど、
ゆだんはきんもつでっせー。
>J-ROADCREW様

偉大なる先達には申し訳ないのですが、黄色の軸のものはなかったように思います。
参考に出されていたブログは私も拝見しておりまして、
「黄色も可愛い♪」なんて思っておりましたので、あったら購入していたはずです。

これからも文具探索は続けますので見つけたらJ-ROADCREW様分として確保しておきます!
そのかわりピンク情報をお願いいたします!
カジュアルなもの以外は黄色ほどないもので(ショートは除く)。
持ちつ持たれつでぜひ。
>白髪猫様

油断はしていないつもりですが増えそうです……。
モリソンも今頃いいなあ、って思っていたり。
危険、危険ばかりです。
あずみ様、これらショートタイプの万年筆を見ていると、同級生に会ったような気持ちになります。国産3社、ショートタイプは今も20本ほど持っています。私の世代は万年筆といえばこのショートタイプでした。

私が中学入学の頃は、入学祝いに万年筆を買ってもらうというのが定番でした(この風習、復活しないかなぁ)。
同級生は一様に制服の胸ポケットに万年筆を差していました。
そして、そのほとんどがこれらポケットサイズ万年筆でした。
1970年代は(ホント、年がバレますが・・)、ポケットタイプなら14金が1000円で、18金も2000円で買えたのです。
だから、おこずかいで結構万年筆を買っていました。

上から5枚目の写真61号のプラチナは私も大好きで愛用していました。
私はこれの白軸も持っていて、シルバーに金の線で描かれたクローバーの柄と白い軸の清楚なたたずまいがとても美しいです。
18金でペン芯がブルー、ブルーブラックインクを入れると(当時はほとんどがブルーブラックでした)ペン芯がきれいな青になってそれを眺めるのが好きでした(今も好きです)。

このシリーズには、クローバー柄以外にも、唐草があります。
そして軸色には、白、ローズピンクの他パステルブルーもあったんですよ。昭和48年に発売されるやいなや、クラスの女子半分が買って持っていたくらいの人気の万年筆でした。18金の初代の物はとても柔らかいペンでした。

同じプラチナの白いホーロー曳きに花柄プリントの万年筆はそれからしばらくして発売されたように覚えています。
私は、クローバー(緑と草色)あじさい、もみじを持っています。
主軸の形は61号と同じ真中が三角です。爪形のものはおそらく昭和50年代だと思います。

そして、55号として紹介されているプラチナブーケ柄の白軸で、当時婚約者だった主人に(遠距離でしたので)たくさん手紙を書きました。その恥ずかしい「ブツ」はいまも押入れのどこかにあるはずです。

ついつい嬉しくて、長々と昔話を書いてしまいました。ごめんなさい。
プラチナホーローの花柄は、私も見つけたら集めて行きたいなと思っています。
>真子様

素敵なお話を読ませていただいてうっとりしてしまいました。

これらの短軸たちは使ってみてその魅力に取り付かれたわけですが、
一世風靡するだけの実力を持っていたペンだと本当に思います。
コンパクトで可愛くて。入手しやすく書きやすいのですから。

競うように入手した制服姿の少女たちの胸元でさぞかし輝いていたのだろうなあ、
と想像すると自然に微笑んでしまいます。
私が目にしたりするのは首軸が白やピンクが多いのですが、
パステルブルーもさわやかで素敵ですよねえ!

そして私が持っているのと色違いのペンにロマンティックな逸話!
奥ゆかしい真子様が当時感じられたときめきも身近に感じられる気がいたします。

魅力に取り付かれ集め始めたものの、その種類のあまりの多さに驚かされるばかり。
何年もかけて白いタイプを集めている方がまだ揃わないとおっしゃるほど。
気長にこの可愛いペンたちとつきあっていきたいと改めて思いました。

私自身が長文を読むのも書くのも大好きですので、
どんどん書いてやってください。
とてもきれいで輝くような思い出と直結している幸福なペンたちのお話、
楽しませていただきました!
この記事へコメントする














(△お好みの文字サイズになるまでクリックしてください)
09 | 2017/10 | 11
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31 - - - -

高瀬あずみ

Author:高瀬あずみ
関西在住。持ち物をピンクで揃えようと努力中。

名前:
メール:
件名:
本文:

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。