スポンサーサイト 

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。


 ピンク23号~Sailor HOSCAL ピンク 

引き続き細軸の紹介です。
国産細字と細軸が好きならばとおすすめを受けて、
狙っていたものをようやくGETいたしました。
セーラーのホスカル万年筆のピンクです。

hoscal1

長さでは昨日のモリスには負けますがキャップを後ろに挿した筆記時に149mm。
十分なサイズです。
鉄ペンでそれなりのかたさですが、インクフローがよいので書くのは楽しいです。
ペン先にはデッドストック品らしくJISマークも刻印されています。

hoscal2

はじめ、実物を知らなかったものですから、
わざわざセーラーのスリム用コンバーターを用意して待っていたら。
普通サイズのコンバーターが余裕で使えたという……。

しかし「セーラーのスリム用コンバーターください」と言って
「はい」と出てくるナガサワ文具センターは素晴らしいと思います。
愛してしまいそうです(もう愛してるかもですが)。

さてこのスリム用コンバーターをどうしたものだか。
シャレーナを買えということですかね?
本末転倒もはなはだしいですけど。

ところでこのホスカル。
セーラーはこのタイプを色々作っていたようで、
これは鉄ペンですが金ペンもあったらしいし、
「細くて軽い」から「ホスカル」とネーミングされたにも関わらず重いものもあるとか。
金ペンは手に入れて、この子につけてみたいとか思うわけですが。

しかしセーラーのネーミングはどうしてオヤジギャグなのだろう。
先日シャレーナが「おしゃれなシャレーナ」と知って大脱力したところなのですが。
そんなセーラーが大好きです。
ええ、たぶん。


セーラー万年筆 HOSCAL
ペン先:スチール (表記なしだが細字)
キャップ・胴軸:真鍮(?)にラッカー仕上げ
首軸:樹脂
金属部分は金色メッキ仕様
収納時約134mm、筆記時約149mm
カートリッジ/コンバーター 両用式
嵌合式キャップ

PenandMessageオリジナル 朱漆 使用


ところでこれは首軸の色が胴軸と違っていますが、
種類がやたらあるらしいので同じ色のものもあるのかもしれないと思うと、
今後もチェックし続けねばならないわけですね。

 この記事へのコメント 

HOSCAL ちゃんと押えたはりますネ。(笑)
私も去年、HOACAL廃番となると言うので、阪急百貨店西宮ガーデンズにてゲットしました。
しかもセール中と言う事で半額で、思わず2本買いそうになりました。(笑)
その時、ピンクもあったような気が…。

本日は、「ウォーターマン メトロポリタン シィメリー 25512 ピンクCT 万年筆」を紹介しようと考えていたのですが、なんとあずみ様第1号の万年筆だったんですね。
今年、ピンクはカタログ落ちしましたので、「今だったら半額程度で手に入りますよ」との情報だったのですが、必要無かったですね。(笑)

もう1本、遅かりし情報があります。
「コンクリンConklin未発売HERRINGBONEコレクション万年筆71105紫」です。
ヤフーオークション:http://page19.auctions.yahoo.co.jp/jp/auction/x154060818
ですが、終了してます。私も入札しておきましたが、落札出来ませんでした。
紫との事ですが、ピンクの洒落た柄だと思いませんか?残念。
HERRINGBONEは、仕事の関係(床材の模様)と趣味の関係(ギターの装飾)で、興味引かれる柄なんです。

本日、宝塚市売布神社駅前の老舗の文具店を覗いてみたら、PILOTエリートのショートタイプ発見。
約40年程前のモデルのデッドストックです。阪神大震災で倒壊し下敷きになった店から引っぱりだされたとの事。当時の値札が付いていて、キズが多いので値下げ交渉しましたが、本当は売りたくない商品なのでと言われ、値札+消費税にて購入しました。
3月のWAGNER神戸大会で、名古屋のN御大(元PILOT勤務)に価値を確認してから、出品しようと思ってます。

>探してもブログもサイトもお持ちでないようで残念です。(隠しておられるのならば教えてください)
残念ながら、ブログもサイトも持ってないです。連絡先をメールフォームに入力し送りますネ。
急ぎの情報はメールで送った方がよさそうですね。
バレリーのピンクと同じような色ですね。

私の初めての万年筆はバレリーのピンクでした。
今は実家のどこかに・・・

探してみようかしら。
>J-ROADCREW様

何しろ初心者が暴走状態なものですから、
見かねてか皆様が情報をくださって初めて知ることも少なくないです。
あとはネット検索やブログしてくださってる先達の記事を頼りに。
こういう風に廃盤になったりしますと入手が難しくなるのですが、
意地でも探してやろうとも思います。
HOSCAL、低価格ながら良いペンですよね。
半額ならば2本3本行ってしまいそう。

「ウォーターマン メトロポリタン シィメリー 25512 ピンクCT 万年筆」は、
記念すべき1号でした。
私もJ-ROADCREW様同様(?)細字好みですが持っていなければ飛びついたことでしょう。
きれいな色なのでプレゼントにも良さそうなのにカタログ落ちは残念です。

コンクリンはメーカー名だけ聞いたことがあるのですが、軸がきれいですね。
ヤフオクは結構チェックしているようでまだまだ穴だらけです。
今後やはり行っておかねばと思うのがマーレンのファッションコレクション、
スティピュラのヴェド・ヌーダ、アウロラのタレンタム・フィネス、
先日教えていただいたシェーファーのアジオ。
あとは国産の低価格ラインですか。

あの素晴らしい黄色コレクション、全世界にぜひ発信していただきたいです!
ひとつひとつじっくりと。
ブログなら簡単ですし、ブロガーの名札をつけられる日をお待ちしております。

こちらは先日半日かけた文具探索空振りでした……。
>にゃお様

バレリーのピンク!
気になる初めて聞くキーワードですのでさっそく検索してみます!
ぜひ探して使ってあげてください。
ご実家には昔の短軸なども潜んでいないでしょうか?
この記事へコメントする














(△お好みの文字サイズになるまでクリックしてください)
03 | 2017/04 | 05
- - - - - - 1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30 - - - - - -

高瀬あずみ

Author:高瀬あずみ
関西在住。持ち物をピンクで揃えようと努力中。

名前:
メール:
件名:
本文:

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。