スポンサーサイト 

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。


 PILOT  iroai TYM月夜 

パイロットのインク、iroshizuku月夜。
くすんだ青にわずかに緑がかった、それは美しい色で、
名前とあいまってとても好きなインクです。

Campo Marzioのターコイズに入れてずっと使っていたのですが、
Campoはキャップがはずれやすく、結果すぐペン先が乾いてしまうということに。
それに腹を立てて、月夜専用万年筆が欲しいと、
いつからか思うようになりました。

当然、第一の候補はカスタムヘリテイジ'91の「月夜」なんですが。
ベスト型のカタチに文句はなく、軸色も美しい。
しかしです。
ピンク勢が幅を利かせる我家において、逆にこの軸色が浮いてしまうことは明白。

限定透明プレラのラインナップに「月夜」を発見したときから、
これかカスタムヘリテイジ'91のどちらかを購入することだけは決めていたのに、
決めかねてずるずるしてしまいました。
透明プレラはクリアの方が魅力的だったせいです。

しかしCampoがもう濃縮されたインクしか吐かないようになり、
また透明プレラも随分入手できる色が減ってきたので
ついに捕獲したという次第。

tsukiyo1
tsukiyo2

入手してみればそこはパイロットのプレラだけあって細い字がきっちり書ける信頼の1本。
書き味と天冠の色とインクの色を合わさずにいられない様子から
私に「高いハイテック-C」扱いされてしまうわけで申し訳ない。

tsukiyo3

そうして我家の限定透明プレラということで購入したその日にすぐにシールがぺたり。
ペリカンの黒猫に貼ったシールの色違い。
やはりこちらはクリップやリング、ペン先と合わせて「銀の月」しかありません。
裏面には銀の星も貼ってみました。
これぞ「月夜」かなあ、と。


ちなみに「月夜」を使うペンが必要だった理由ですが。
所持万年筆とインクを順番に書いている(&描いている)ノートがありまして。
そのナンバリングを月夜ですることにしているという、それだけのこと。
でも記憶容量の少ない私の頭では、本数が増え(すぎ)た為、
このノートがないと把握ができません。
個人的に重要度の高いノートなので、月夜の役目は大切なのでした。


パイロット 限定透明プレラ 色彩逢 TYM月夜
ペン先:ステンレス 字幅:F
ボディ:クリアスケルトンレジン
収納時約120mm、筆記時約136mm
カートリッジ、コンバーター両用式
嵌合式キャップ

iroshizukukobe 月夜 使用

 この記事へのコメント 

こんばんは。透明プレラの月夜色、入手おめでとうございます。
写真を拝見していると、ますます欲しくなってまいりました……
5月まで在庫が残っているのを願うばかりです。
>ヘンリー様

こんばんは。
「月夜」、お好きな色なのではないでしょうか(笑)

> 5月まで在庫が残っているのを願うばかりです。
これですが、人気が高いために色を絞って販売継続されそうです。
どうやら残るのは最初の予定と違い、クリアの方(でF?)みたいですが。
お好みの色があるといいですねえ。
このコメントは管理人のみ閲覧できます
>内緒の風様

Thank you for seeing my blog.
It is certainly seen dark blue though your [prera] was seen.
I wonder whether yours is here.
http://www.ito-ya.co.jp/ec/ProductDetail.do?pid=002505155-0043

The pen of your Sailor is wonderful.

I also am using the translation page because it is not good at English.
このコメントは管理人のみ閲覧できます
>内緒の風様

For Wind

The bottle and the color of the ink of iroshizuku are attractive.
It collects.
Especially, tsukiyo is a favorite color in a little subfusc blue.
Thank you for seeing my blog.

Please send a happy fountain pen life!
この記事へコメントする














(△お好みの文字サイズになるまでクリックしてください)
03 | 2017/04 | 05
- - - - - - 1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30 - - - - - -

高瀬あずみ

Author:高瀬あずみ
関西在住。持ち物をピンクで揃えようと努力中。

名前:
メール:
件名:
本文:

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。