スポンサーサイト 

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。


 ピンク24・25号~PILOT GRANCE NC 春の限定色 

それは1月の終わり。
細字万年筆にこだわる様の記事「パイロットから「ペチット2」と「ペチット3」が登場」を読んだことで
それまでの迷いが消えました。
パイロットが2010年春の新作として出していた「桜」を購入することへの。

1年前の限定品で、市場でもほとんど見かけない商品ですが、
あるところにはあります。
定価ですけどね……。
何を悩んでいたかというと、これが金属にラッカー塗装で私には重いこと、
首軸などが胴軸と違う黒なことが原因です。
しかし「桃」が出るならば「桜」はやはり行っておくべきでしょう!
並べたい気持ちに後押しされた形になりました。

ネットでも本当に残り少ない「桜」を手配し、
確実に入荷するであろうナガサワに「桃」の予約を入れまして。

grance2
grance4

上が「桜」で下が「桃」。
一緒にした方がわかりやすいです。

grance6

この画像だと上が「桃」、下が「桜」。
……わかりますか?
画像に写っているインクはこの2本に入れたものです。

grance5

「桜」に入れるならば「ストロベリー」でなく「チェリー」だろうと
突っ込みも入りそうですが(誰よりも私が入れます)、
我家の万年筆たちはそれぞれが専用インクを持っているため、
既に予定の入っていた「チェリー」は断念するしかなかったのです。


ところでこのグランセNC「桃」と同時に引き取られてきたのが
セーラーのジェントルインク、「ピッシェ」。
「ピッシェ」はつまり「桃」ですから、こちらは完璧です。
「桜森」と同じ色ではないかと危惧していたのですが、
「ピッシェ」の方がピンクらしいピンクというか。
微妙すぎて言葉で説明するのは難しいんですがw


ナガサワのT氏曰く、この春の限定色(白の「鈴蘭」と紫の「藤」も同時発売)のうち、
この「桃」が一番人気だそうです。
入荷してすぐを抑えたことになるので、どこで知ったか不思議がられたようですが
ネットの情報の速さはやはりすごいなあ、と。

ともあれ、年中無休で春爛漫な私のペンケースに
またも春の花が咲き誇ることになったわけです。
……重さ?
耐えてみせましょう、この色のためならば。
来年、「杏」とか出たらどうしましょう……。


パイロット グランセNC 2010年春限定「桜」(SKUF)
パイロット グランセNC 2011年春限定「桃」(MOMF)
ペン先:14k(ロジウム加工) 字幅:共にF
キャップ、胴軸:金属にラッカー塗装、首軸:樹脂黒
収納時約136mm、筆記時約146mm
カートリッジ、コンバーター両用式
嵌合式キャップ

2010春限定「桜」にはDr.Jansen Strawberry
2011春限定「桃」にはセーラージェントルインク ピッシェ
それぞれ使用

 この記事へのコメント 

パイロット グランセNC 2011春限定「桃」(MOMF)
もう手に入れられたのですね。昨日(2/9)梅田チャスカ茶屋町ジュンク堂内
ナガサワ文具にて、私も実物を確認し、これならお勧め出来るピンク情報だなと思い
帰って来たんですが、もう購入されていたとは、さすがですね。

店長曰く、本日PILOTの展示会があり、グランセNC スターリングシルバーの、新バージョンを
確認してきたので、早速発注してきたとの事です。新製品にはEFの設定は無く、
細字好きの私としては、ちょっと残念なところです。
店長も細字好きとの事で、その時、たまたま私が持参していた旧タイプ?(笑)のグランセNC スターリングシルバー(ペン先:EF)の書き味を、楽しんでおられました。(このペン先実は、WAGNERの調整士に調整して貰ったものを、セーラーの調整士がプロの意地をかけて再調整頂いた極上の書き味の物なんです。)

残念ながら、ナガサワのT氏には、昨日はお会いできませんでした。
ご無沙汰しております。
グランセの桜と桃、両方とも購入されたのですね。
桜は昨年、伊東屋さんのHPで見て、その美しさに惚れ込みましたが、気付いたのが遅かった為在庫がなく、諦めていたところ、夏頃に地元の○善の閉店セールで巡り会い慌てて連れ帰りました(笑)。
桃のピンクも鮮やかで綺麗ですね。10日程前に店頭で3色全アイテムが揃って並べられていたのを目にしましたが、一昨日お店に行ったら、全て無くなっていました。今年の限定品は3色とも綺麗なので、早くも売り切れたのでしょうか?
冷やかしなので、お店の方に聞く事もなくそのまま帰りましたが、3色とも素敵なので、色をしっかりチェックしたかったので残念です。藤も鈴蘭も素敵ですよね。
鈴蘭は白軸ですが、あずみ様はこちらの購入予定はおありなのでしょうか?
私は何れかに手を出しそうで、危険です。
自制中ですので(笑)

>J-ROADCREW様

はい、そのチャスカのナガサワで桃を引き取ってきました(笑)
その際、T氏の煤竹万年筆とか新色インク候補とかも見せていただいたり。
行くと色々楽しませてもらってしまいます。

グランセのスターリングシルバーはクリップとか変わるみたいですね。
新しいデザインの方がたぶん好みかと。
銀軸は私には無理(重いから)なんですが、見るにはきれいですし。
細字は好きなんですが、国産ならばEFでなくとも満足というレベル。
細すぎると長時間筆記は辛く感じます。
店長さんも細字好きとなるとラインナップにも期待が。

WAGNERではまだ調整お願いしたことないんですが、
私のペリカンM320ルビーレッドも
パイロットの方(その時お2人いらっしゃったのでお名前がわかりません)に
調整していただいたものを更にセーラーの川口氏に調整していただいて
(頼んだわけではないのですが)しまいましたのでスペシャルです(笑)
>puck様

こんばんは。
プロギアの調子はいかがですか?

はい、桜と桃、一挙にいってしまいました(笑)
何しろ万年筆にはまったのが去年の秋からなのでよく残っていてくれたものだと。
閉店は残念ですが、セールでの確保は羨ましいです。

桜に比べると桃はもっと鮮やかですが派手すぎるわけでもなく、
本当に春らしくきれいです。
鈴蘭と藤もいい感じで、特に鈴蘭は白軸好きとしてちょっとそそられておりますが
さすがにそこまでは行かない予定です。
それこそセールにでもぶつからない限りは。

puck様は桜をお持ちですから、桜の横に鈴蘭とか桜の横に藤とかもきっときれいです!
普通はここまで似ていたら桜と桃という選択には行かないでしょうねえ。
手が届いてしまう価格なのがまた始末に悪いのですが。
風見鶏はきっと逃げずに待っていてくれるかと思います♪
今日、某百貨店で3色揃っているのを見ましたから、他のお店ではまだあるはずですし、
しっかり確認して春を呼び込むのが吉かと(笑)
はじめまして。
グランセの桃、を検索していてたどり着きましたウサっ子三昧と申します。
ピンク軸の万年筆を収集されているとのこと、私も何本かピンク軸を持ってるので書き込みしてしまいました☆
私が持っているのは、デルタの「ドライデル」と同じくデルタの「パッション」です。
どちらも日本国内では流通していないのですが、ドライデルの軸は同じくデルタの「ラ・ピアッツェッタ エージド・ピンク」と全く同じものです。
デルタのマリーナ・グランデやマリーナ・ピッコラの色違いにあたりますが、光の加減によってきらきらと表情の変わる、それはそれはきれいな万年筆ですよ。

関西圏にお住まいのようですが、北浜の「モリタ商店」はご存知ですか? 万年筆を買うなら、おそらく西日本では一番安いと思います(現金決済しかできませんが)。何せほとんどの万年筆が定価の3割引きの「税込」なので、ネットで買うより5%は安いんですよね。
私は「モリタ商店」から徒歩5分のところに自分の事務所があるのでしょっちゅう遊びに行ってます。

またこちらのブログにも遊びに来させてくださいね。
何度もごめんなさい。ウサっ子です。
モリタ商店さんはリンクがありましたね。失礼しました。

あともう1本ピンクありました!
ウォーターマンのメトロポリタンシィメリーです。手帳用にEFを持ってます。
こちらもヤフオクでたまに見かけますので、ぜひ探してみてください☆
桜と桃、確保しました!

あと、桜を探しに行ったイケマン(堺筋本町にある文房具屋で、万年筆専門店ではありませんが、ヘンなペンがたまにある)で、桜の在庫をパイロットに確認してもらったとき、店員さんが「桜を無理して買わなくても、桃の第2段みたいなやつが来週出るってパイロットさんゆうてはったでー」との未確認情報です。
でも、ネットをあさっても何にも出てきません…。

来週までお楽しみに、ということで。

あと、万年筆じゃないけど、ザ・ボディショップのサクラシリーズが発売されて、グリーンのボディショップがピンク1色になってました。
>ウサっ子三昧様

はじめまして。コメントありがとうございます!
ピンク軸のお仲間、嬉しいです♪
まとめてお返事させていただきますね。

> 私が持っているのは、デルタの「ドライデル」と同じくデルタの「パッション」です。
うわっ、良いものをお持ちですねえ。
エージドピンクのは少し前にヤフオクで見かけましたが上品すぎるかなと
眺めて終わりました。
「パッション」はキャップも同じ色のタイプが普通は好きなのですが、
これはかなり惹かれます!
「マリーナ・ピッコラ」は軸色がきれいで憧れますが高嶺の花でして。
だからデルタは安い「ヴィンテージ」しか持っていないのです。
あ、「ドルチェビータOROスリム」はかなりぐらぐらしてますが。

モリタさんが近くだと、私の場合危険すぎるので、
そこまで近くなくて良かったと心から思います……。

ウォーターマンのメトロポリタン・シィメリーのピンクは
私が始めて自分で購入した万年筆です。
でも私のはFなのでEFが羨ましいです!

グランセの桜と桃の確保、おめでとうございます!
モリタさんにあったとは盲点でした。
まあ、いち早く入手できたのでよしとします。
私の書いた記事が参考になっていれば嬉しいのですが。
2本揃うと可愛いですよね!春爛漫で!

桃の第二段って何でしょう?
週末にナガサワ行くので聞いてみようかしら。

またぜひお越しくださいね!
お持ちのペンのお話も聞きたいです!
コメレスありがとうございます。
桜と桃は、モリタさんに聞きに行ったら「もうすぐ入ると思うからまた連絡します」とのことでした。
おっちゃんとセーラーの100周年で盛り上がってきましたwww

モリタさんでは、新規のお客さんがいるとおっちゃんがそっちにかかりきりになるので、私はその辺のペンケースをひっくり返してあさってることが多いです。
そうして見つけた激レア万年筆情報をよそのブログのコメントで流して、モリタさんに買いに行ってくれる人がいるので、売上には多少貢献してるかなー。

当方の万年筆歴は約10年ほどでして、途中20本近く手放したりもありましたが、最近数えたところ44本でした。
もともとは赤軸メインでしたが、書き味中心にそろえるようになり、且つ普通のニブのペンには最近飽きてきて、インレイドニブやウィングニブに興味が移りつつあります。

ナガサワは梅田のジュンク堂のお店がごひいきでしょうか?
もし、三宮本店にも行かれることがおありでしたら、元町Pen&Massageもおススメです。
ナガサワで長いこと筆記具を担当しておられた吉宗氏と久保さんがやっておられるお店で、定価販売ですが、全て購入時に調整してもらえます。
私はオクやモリタさんで安く購入したペンを吉宗さんに調整してもらう(調整は2500円で有料です)のがいつものパターンです。
行くといつも2時間ぐらい長居してます…。

ナガサワ梅田店の広沢さんのペンクリには私も行く予定なので(あ、もう今日だ)、どこかですれ違うかもしれませんね。

また覗きに来させていただきます。
ではでは☆
>ウサっ子三昧様

ああ、先輩ですねえ(笑)
私も書き味重視になる日は来るのでしょうか?
……こなさそうです、過去のあれこれ考えると。

インレイドニブは最初「変なカタチ~」とか馴染めなかったのですが、
レトロな短軸万年筆をコレクションするようになったら、カッコよく見えるように(笑)
そういった古い文具を置いているお店ご存知でしたら教えてください。
(イケマンは行ったことあります)

ナガサワは梅田に出来ていきやすくなりました。
インクは三ノ宮に探しに行くことが多いですね。
Penandmessageには都合三度ほど立ち寄ったものですが、
寛げるほどまだ度胸はありません(笑)
一度調整もお願いしてみたいですが現状、川口先生に大量に調整していただいたので
お願いするようなペンがないんですね。

パイロットのペンクリは日曜日に参ります。
着物だからわかりやすいかと。

またぜひお越しくださいませ♪
この記事へコメントする














(△お好みの文字サイズになるまでクリックしてください)
07 | 2017/08 | 09
- - 1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31 - -

高瀬あずみ

Author:高瀬あずみ
関西在住。持ち物をピンクで揃えようと努力中。

名前:
メール:
件名:
本文:

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。