スポンサーサイト 

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。


 ピンク10号~Filcao KIKA Micro Pen Red 

タイミングを逸したので紹介が遅れましたが、
まずこちらの箱をご覧下さい。

kika1

竹定規の通り、一辺8.5cmの箱。
つまり、中身はもっと小さいということに。

kika2

蓋を開けるとこんな風にペンとインクのセットが入っております。

kika3
kika4

ペンはわずか6.5cm!
キャップをはずすと、何やら一人前の顔をしております。
ペン先にはおなじみの「IRIDIUM POINT」の刻印が!
ですが驚くのはここから。

kika5

はい、ゴムサックの吸入式なんです!
しかも、実用できるんです!!!


イタリアの筆記具メーカー、FILCAO Penが生み出した「KIKA Micro Pen」と申します。
検索して辿り着いたカタログ(……英文。日本語の紹介は皆無)によりますと、
このRedの他にGreen、Blue、Yellow Mandarinの全4色展開とか。
http://www.tryphon.it/pens/catalogo.htm

金属ボディに赤とピンクのラッカー塗装で、他はゴムっぽい樹脂製。
しかしあなどれない出来。
キャップをポストすると、ちびた鉛筆を使うような感覚ですが、立派に書けます。
……ただし。数行しか書けませんが。
さすがに吸入できる量がしれていますし。

いくら私が酔狂とはいえ、さすがに普段使いできるわけもなく。
しかも失くしてしまいそうな為、めったに箱から出せません。
何と言うか、一発芸ネタ系。
こんなものに○○並のお布施をして入手した私は間違いなく酔狂です……。

kika6

ルビナートのミニチュア・ガラスペンセットに混ぜてみても違和感なし。
ええ、元々ミニチュアも趣味なんで。
ドールハウス系にだけは行くまいと心に決めています。
あれも天井知らずの上、失くしそうで壊しそうで、かつ収納が難しいという……。
比較すると金額的なピンキリの幅は万年筆に軍配が。
万年筆の方がはるかにコンパクトに納まりますしね。


FILCAO KIKA Micro Pen Red
ペン先:金メッキ イリジウムポイント、字幅 F
キャップ・胴軸:真鍮にラッカー塗装
収納時約65mm、筆記時約80mm
ゴムサック吸入式
キャップ嵌合式
化粧箱、インクボトル(ボルドー系)付属


ところでこのKIKA Micro Penですが、カタログによると
スターリングシルバーのものもあるらしいです。
国内では入手はおそらく出来ないんじゃないかと思いますが、
銀軸が好みの方、コレクションにいかがですか(笑)
カタログの紹介文にも「万年筆愛好家にオススメ!」(意訳)とありましたし。
「かわいい」は正義です。

 この記事へのコメント 

あずみ様
FILCAO KIKA Micro Pen Yellow を購入したいと思います。
購入ルートを宜しければ教えて下さい。
 ヘンタイですやんか、このメーカー。個人的にはこれも好きですし、テントウムシのオマケが箱に入ってるヤツも良さそうです。我がとこの商品をたったの25ドル、とかいって売ってるのもいいですね。

 ローズウッドとか銀とか、素材に凝ってるのもオモロイ。ペン先はしっかりシュミット(?)ばっかりなんで、見た目のおもしろさとかそういうところに力点を置いてるのかな、と。その割には吸入機構に凝っていたり、ようわからん妖しさが漂ってます。
>J-ROADCREW様

すみません、私はヤフオクで捕獲したんです。
イタリアのお土産か何からしく、詳しいことはわかりません。
で、今朝記事を書くために検索して商品名等を知ったばかり。

少し調べてみましたがhttp://www.tryphon.it/では取扱いがなくなったのかも。
トップページからのリンクが消されています。
メールで問い合わせしてみるといいかもです。
http://abrax.isiline.it/pens/もNot Foundだし。
ポルトガル後のサイトで青と緑は見ましたが、検索が下手なだけかも。
ちなみに日本でこの名前を出しているのはおそらくうちだけ。

添えられていた簡易説明書の住所によると
北イタリアのトリノに近いSettimo Torineseの町にあるようです。
Via Vaglie 2/A, 10036 Settimo Y.se(TO) ITALIA
Tel:0039 011/895.09.04
Fax:0039 011/895.00.73
ご参考にまで。

お役に立てなくてすみません。
カタログは比較的簡単に見つかったので普通に購入できるとばかり。
http://www.stutler.cc/pens/giovanni/index.htmlの記事を参照すると
私の解釈が間違っていなければ書斎館のオーナーはお持ちらしいのですが
聞けませんしねえ。
他にも何かわかればメールしますね。
>つきみそう様

コメントとリンク、ありがとうございます!
つきみそう様に認められる変なメーカーということですね!
北イタリアの小さな会社のようですが、どこか変です。
こんなもの普通真面目に作りません。
LADYBUGも可愛いですねえ。
こんな小さな筆記具、子供のおもちゃにしか見てもらえなさそうですが。

日本にも代理店があれば色々買ってしまうでしょう。
雑貨店とか輸入販売してくれないかなあ。
それこそ分度器ドットコムさんあたり……。
>あずみ様
色々調べて頂きまして、有難うございます。(御手間を取らせました。)
私も頑張って探してみます。
日本にも代理店があると、面白いですね。
分度器ドットコムさんに、一応声掛けしてみますね。(笑)
>J-ROADCREW様

いえいえ、紹介しちゃったのは私ですから。
しかし英語どころかポルトガル語が出てきた時には笑いました。
e-bayとかやっておられる方ならば慣れておられるかもですが、
いや、世界は広い!
雑貨としても面白いと思うので国内ルート欲しいです。
この記事へコメントする














(△お好みの文字サイズになるまでクリックしてください)
07 | 2017/08 | 09
- - 1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31 - -

高瀬あずみ

Author:高瀬あずみ
関西在住。持ち物をピンクで揃えようと努力中。

名前:
メール:
件名:
本文:

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。