スポンサーサイト 

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。


 ピンク2号~DELTA VINTAGE 

deruta
delta

人間の欲というのは果てしないもので。
2本のピンクの万年筆を入手した私が思ったことは、
「もう少しいいのが欲しいな」
ただし、ピンクでというのはお約束。
で、狙いをつけたのがイタリア製。
だって、イタリア・レジンのボディってすごく綺麗なんだもの!

モンテグラッパのミクラ(のピンク)に恋したものの、
あまりに高嶺の花。
で、いささか似かよるけれどもと候補にあげたのが3本。
DELTAのヴィンテージ・コレクション
MALENのファッションコレクション
STIPULAのヴェド・ヌーダ
もちろんいずれもピンク。
価格的な折り合い上、選んだのはデルタでした。

この頃になると本や雑誌でいわゆる各メーカーの「フラッグシップモデル」なども覚え始め、
「デルタと言えばドルチェ・ビータ」くらいはわかるように。
私は透き通ったオレンジという色もかなり好きですから、
ドルチェ・ビータとかドルチェ・オーロとかにもかなり惹かれるものがあります。
しかしピンクではない!(笑)
価格的に無理ですけどね。
でも将来的にドルチェ・ピンクとか出されたらどうしよう……。

少しは知恵をつけたとはいえ、ショップでのお買物にはまだ尻ごみしてしまうから、
怖いもの知らずのネットオークション。
未使用新品しか落札したことはありませんが、
今のところは不良品にもあたらずきています。

ともかく、そのデルタさんが用意してくださった低価格モデルであるヴィンテージ。
名前はヴィンテージでもぴかぴかの現行商品です。
型押しの派手な箱に入っていました。

ペン先も無難なステンレス製。
Fの細字刻印がありますが、ウォーターマンのFよりさらに太め。
鮮やかなヴィヴィッド・ピンクのレジンにバイカラーのリングが映えます。
ピンク一色のレジンですが、グラデーションのような白く輝くボディは見飽きない美しさ。
しかも軽い!
軸の太さも重さもバランスも私には丁度いいくらいです。

ただ書き味は固め。
引っかかりなどは感じませんが、あまり漢字を書くには向くとは思えません。
しかしそれよりも最大の欠点は、ショートサイズでもないのに、
カートリッジ専用だということです!
そりゃ、初心者ならばカートリッジは楽でしょう。
でもいきなりこいつのように、
スポイドで空にしたカートリッジにインクを入れているような初心者だっているのですよ。
そもそもインク使いたくて集め始めた万年筆ですから。

ともあれ、ペンケースの中を一挙に華やかにしてくれた功労者です。


「デルタ ヴィンテージ・コレクション ピンク」
ペン先:ステンレス F
ボディ:レジン
収納時約125mm、筆記時約145mm
カートリッジ専用

J Herbin Rose perfume→Voltaire 葡萄(ebizome) 使用



 この記事へのコメント 

この記事へコメントする














(△お好みの文字サイズになるまでクリックしてください)
07 | 2017/08 | 09
- - 1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31 - -

高瀬あずみ

Author:高瀬あずみ
関西在住。持ち物をピンクで揃えようと努力中。

名前:
メール:
件名:
本文:

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。