スポンサーサイト 

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。


  ピンク4号~Longproducts 桜とも柄(改) 

以前というか比較的初期に 万年筆7号~Longproducts 桜とも柄 を紹介しました。

大阪の万年筆職人である藤本寛氏による美しいアセテートレジンの1本です。
軽く美しく、その点に関しましてはプラチナの#3776セルロイド・サクラに
匹敵すると思っております。

しかしご存知の通りこちらで使用されているのはドイツのシュミット製のニブ。
書き味は悪くはないのですが、Fであっても字幅が太い海外クオリティ。
その点が気になって気になってしかたありませんでした。
そこでゴム板を入手したのを機にペン先を交換することにしました。

あくまでも自己責任による行為であり、メーカー保証の対象外となります。

最初に用意したのはパイロットのペン習字ペンです。
しかしこれはニブがエラ状に張り出しているため、加工が必要になります。
不器用な私にできるはずもなく断念。
ちなみにプレラも同じタイプのペン先のため断念。

それでも諦めきれない私は、ある時ふと弄んでいたセーラーの14k中型ニブ(字幅F)が
加工なしで取り付けられることを発見いたしました。
たまたまそれが金色一色のニブであったため、
クリップやリングとの相性もよく、しかも使用したのがセーラーのFですから、
本人的に大満足な組み合わせとなりました。

longpsa3

こうなると残る「夢桜とも柄」も、と考えてしまいますが、
販売当初のカタチを残しておきたい気持ちもあり、
現在「夢桜とも柄」はシュミット・ニブのままです。
しかしもし今後またロングプロダクツの万年筆を購入するならば
最初からペン先交換を視野に入れての購入になりそう。

ピンク軸ではないのですが、3月生まれの私としましては
「アクアマリン」がどうしても無視できないのです。
またこの「アクアマリン」の軸が実に美しい。
何しろ私にロングプロダクツの万年筆を知るきっかけとなってくれたペンでもありますから
いつかは……という思いを消せません。

ただし、セーラーのペン先を安価で入手するのがなかなか難しいのですが……。
鉄ペンならば簡単なのですが、もはや鉄ペンには戻れまい。
あ、別に二軍ならば良いのです、鉄ペンででも。
このあたり、TWSBI DIAMOND530の金ペン化を目指された方々の経緯と
そう変わらない気もいたします。

longpsa2

ともあれ、ひとまず満足。


速報的追伸

私がこの記事を上げるのを見計らったかのようなペンハウスからのメルマガ。
ロングプロダクツ ペントオリジナル 第七弾
「桃花のほころび」発売

もちろん即行予約しましたが?
またもアクアマリンが遠ざかる。
しかしこの色は行かねばならぬ!

……セーラーの14k中型ニブ(金色仕上げ)、至急手配せねば。

 この記事へのコメント 

セーラーの中型ペンならオークションでも中古の数がありますし、WAGNERに来て聞いてみればペン先くらい出てきそう(笑)
あずみ様
ロングプロダクツの桜とも柄の金ペンなんて、羨ましい限りです。
私には怖くてとてもできませんが……
桜とも柄は、その美しさに魅了され、その後、増殖?し続ける万年筆達の先輩的な存在です。
最初に見つけた時は売り切れていたのですが、諦め切れずにお店に問合せたところ、1本だったら在庫が有りますとお返事を頂き、速攻でメールを返信し購入しました。
只、残念なのはその時は中細しかなく、太さが……
普段使いにはちょっと太過ぎます。
お陰で専ら、ペン習字と年賀状の表書き専用となってしまっています。

アクアマリンも綺麗ですよね。
私はブルーのきらめきが気になっています。
ロングプロダクツのペンは何れも綺麗で金額的にも手が出しやすいから危険過ぎます(笑)。
万年筆を増やさない為、筆ペンにしようかしらと思っています。
あずみ様はやはり万年筆ですよね。
>どーむ様

それでは、どーむ様のお手持ちに不要な「セーラー14k中型金色ニブ字幅EFもしくはF」
はございませんでしょうか。
しかもお値打ちで(笑)
私としましても新品からの部品取りより中古品とかジャンク品からの方が胸が痛まないのですが。
>puck様

はい、「桜とも柄」の美しさは格別だと思います!
しかしロングプロダクツはFであっても字幅が太くて太くて。
それが中ともなればさぞかし……だと思います。
宛名書きには最適でしょうけれど、普段使いするならばもう少し……ですよね。

私も「桜とも柄」1本しか持っていないのであれば、
ペン先交換など怖くてできなかったと思います。
うちには「夢桜とも柄」が控えていてくれたからこそ。
おかげで金ペンで国産細字という理想のペンになってくれました!
無責任には薦められませんけどね。

ペン習字されているんですね!
私もやったほうがいいのではないかと常々思ってはいるのですが。
せっかくのコレクションを活かすためにも。

「ブルーのきらめき」は幻想的ですよね!
というか、ロングプロダクツの軸はどれもこれもツボに来るというか。
「マンダリンオレンジとも柄」も好きなんですよ。
DELTAのドルチェビータOROも実は好きなので、
「OROに行くくらいならばいっそ……」と何度思ったことか!
「アクアマリン」、やっぱり万年筆が良いのですけれど、
もういっそピンク系以外だとペンシルというのもアリかも……
とか揺れ動いております。

しかし、ペンハウスのお知らせでまたも「アクアマリン」は遠のきました……。
このタイミング、どうなんでしょう(笑)
素直に喜んでいいの?
あずみ様のストライクゾーンですものね。
私もかなりぐらついています。
只、これ以上増やしても使い切れない!と理性が呼びかけています(笑)。
筆ペンか鉛筆の補助軸になりそうです。でも、この桃花のほころびは鉛筆の補助軸がアップされていないようです。
近い内にアップされると思いますが…

HPを見ると桃花のはかなり人気のようですね。
私も他に持っていなかったら、間違いなく即購入していると思います。
でも、我慢。
ブルーのきらめきとの間で当分の間、ぐらぐらしそうです。
>puck様

そうなんです!もうど真ん中ストレートの剛速球でストライクとられたような。
即座に白旗を上げました。
「私のために作られたようなもの」という気さえしますし。
もう藤本氏についていこうと心に誓いました(笑)

ええと、万年筆趣味はじめてから、あまり理性を見かけなくなりました。
どこに行ったのかしら。呆れて家出されたのかも。
使える右手は1本しかないと分かっていても、
「状況によって使い分ければいいじゃない♪」
と、煩悩全開のていたらく。
ちなみに、おまけでついてくる「ピッシェ」はすごい可愛い色ですよ!

補助軸は補助軸で集め始めたらとんでもないことになりそうな予感もあるので、
それならば万年筆の方を充実させたほうが簡単かも……
なんてことも思ってしまうので、結局悩むだけ悩んで購入までいきません。
というか、「桃花」ならばむしろ3点セットでもよろめきそうです……。
初めまして、いつも楽しく拝読しています。
私もつい最近万年筆の世界にはまってしまい、早くも抜け出せなくなりつつあります。
ちょうど桃花を買うか悩んでいたのでコメントさせていただきました。
確かに字幅は太いですよね…ノートをとるのには良いですが、手帳に書くのには向いていませんね。
細字を愛しているので、私もプロギアのペン先に改造したいくらいです。
でもそれを補える程の可愛いピンク!とても悩んでいます。

私も3月生まれなので、少し早い誕生日プレゼントにアクアマリンを買いました。
絶妙すぎる色合いです。中に入れたインクの色が軸に透けて海のようです。オススメですよ!
本当に万年筆は集め始めると止まらなくなりますね…日々勉強です。

では、これからもちょくちょくお邪魔いたします(^-^)
>眠り蛙様

はじめまして!コメント尾ありがとうございます!

> 中に入れたインクの色が軸に透けて海のようです。
というコメントを拝見して
「アクアマリンを押すロングプロダクツからの刺客到来!?」

そう、透ける、というのにも実は弱いのです。
スケルトンとはまた違って美しい色の軸が透けるのが最高です。
桃花いってしまったから、当分アクアマリンはお預け……と思っていたのに
これではいつ誘惑に負けるかわかりません。

それでは桃花の魅力を(まだ届いていませんが)おかえしに語りたいと思います(笑)
ピンクはカジュアルな一般筆記具では見慣れた色ではありますが、
こと万年筆の世界においては少数派となります。
せっかく見つけても外国製のピンクは派手なものが多いですし、
日本製だと逆に控えめすぎたりもいたします。

しかしこの桃花は!
明るく華やかでいながら愛らしい、まるで春の仙女のよう!
それは手にするだけで、穏かでうららか、かつ気分を高揚させて
心の桃源郷へと誘う1本になるかと思います♪
その軽さとやさしい色合いは羽衣のようにあなたの手にまとわれるのを待っているのです!
……宣伝費もらうべきだろうか(笑)

呆れずにまたお越しくださいませ。
文具系ブログとしては敷居が低いことに自信がありますので!
素晴らしいキャッチコピーですね。
ペンハウスさんと交渉されては?
ところで、「透ける」もツボだったのですね。
では、情報を1つ(笑)
マンダリンオレンジも透けます。
以前、家族にプレゼントしましたが、軸から中のインクがうっすらと透けています。
マンダリンオレンジもとても綺麗で惹かれますが、ロングプロダクツの品揃えが増えてきて、何が欲しいのか、自分でも判らなくなってきました。
全部なんて揃えられませんから…
桃花とブルーの間で悩み続けそうです。ペッシェのインクも魅力的ですが、でも出来たらインクは自分で選べると嬉しいのですが…
月夜や紺碧が欲しいのですが、今の状態ではインクばかりになりそうですから…
若鶯も休眠から起こさなければ(笑)。
あずみ様の3種揃えのアイデアも素敵ですね。
いつかアップしてください。


>puck様

いえいえ、これを読んで「『桃花のほころび』を買いました!」
って方が出て来ない限り広報担当にはなれませんよー(笑)

そして。puck様までが
「マンダリンオレンジをすすめるロングプロダクツの刺客」になられるとは!
私、既に瀕死なんですけど?

透けるペンには弱いですね。
ただのスケルトンよりも色つきのスケルトン。TWSBIしかり、プロギアスリムしかり。
透けていなければペリカンのM320のルビーレッドとオレンジだって、
スリーピングビューティに星に願いをだって増えなかったはずなんです!
そうですか。マンダリンオレンジきれいに透けるのですね。
その手のインクだとセーラーの金木犀がペンを持たずに待ってるなあ、
などとうっかり思ってしまったじゃないですか!
ピンクの仲間には入れなくても、マンダリンオレンジとアクアマリン、
並んでたら淋しくないよね?とか。
……うわぁ。

3点セット?
それはペンハウスにいつまでも残っていたら考えることにします。

確かにインクはこちらに選ばせて欲しいですよねえ。
「月夜」に「紺碧」ですか。
限定iroshizuku行ってください(笑)
ボトルも可愛いし、お試しにはちょうどいい量ですよー。
「月夜」と「紺碧」は違うセット(AとB)ですけど、いい色ばっかりですし、
これはおすすめです。
50mlボトルが増えるよりも胸が痛みません(笑)
懐はけっこう痛みますが。
この記事へコメントする














(△お好みの文字サイズになるまでクリックしてください)
07 | 2017/08 | 09
- - 1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31 - -

高瀬あずみ

Author:高瀬あずみ
関西在住。持ち物をピンクで揃えようと努力中。

名前:
メール:
件名:
本文:

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。