スポンサーサイト 

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。


 おもちゃ感覚~SAILOR編 

特別こだわっているわけではないのですが、
私の張る網に引っかかる確率が何故か高いセーラー万年筆(笑)
そこから本日は「おもちゃっぽい」万年筆をご紹介。

gil1

セーラーの「Gill Suns」という万年筆です。
ピンクベージュと黒でまとめられたシンプルなデザインの小型万年筆。
(猫に戯れさせてみましたが無関係ですー)
軸にはこの名前と、軸裏に「Fountain pen 1000」とありますから
定価は1,000円かと。
ペン先を見ない限り、セーラーの記述はどこにもありません。

gil2

ペン先にはセーラーのロゴと「F-8」そして「701」という刻印があります。
細さでは昨日のバレリーと張りますが、
これで普通サイズのカートリッジが使えるというのもすごい。
軸はアルミベースで非常に軽量。
キャップと胴軸には何か樹脂っぽい塗料(?)が使われています。
キャップは嵌合式。

gil3

本体サイズは竹定規の目盛りの通りなのですが、これが問題。
何故ならこのペンはキャップを尻軸にポストできないからです!

おそらく手帖のサイズに合わせるためにこの長さになったのでしょうけれど、
手帖に書き込むような時にキャップを後ろに挿せないというのは、
キャップを失くしてくれと言わんばかりでは?
そんなわけで、実用には懐疑的です。


本日はもうひとつセーラーの万年筆を。

gil4

「FAROUCHE」(ファルーシュ)というプリント軸の万年筆です。
軸には「FAROUCHE 650」と印字されているのみで定価は650円でしょう。
丸玉クリップなのでセーラーというよりパイロットみたいですし、
軸にはこれもセーラーの名前はありません。
この「ファルーシュ」という名前で現在もシャープペンシルは作られているようですが
万年筆はもうないようです。

gil5

ペン先にはセーラーのロゴと「F-4」の刻印。
ハート穴がハートで、ペン芯が白いプラスティックというのが珍しい、かも?

キャップと胴軸のプリントはブーケ風のバラだの赤いイチゴだの、たいへん可愛らしいです。
写真写りは現物の数倍良いペンで、可愛い上にものすごく軽い。
現行コンバーターは4mmほど長すぎて使えませんが、
普通にカートリッジを使う分には問題ないでしょう。

でも、悲しいくらい安っぽいのです(涙)。
薄いプラスティックですから高級感はもちろん無縁ですが、
これならキャンディ万年筆の方が押し出しがきく分良いかもしれません。
しかし、本来のターゲットは小学生~中学生の女の子だろうと思われますので
価格を抑える意味でもこうなって当然だったのでしょうね。
しかも「Gill Suns」よりキャップがポストできる分、実用的?

デッドストックですからプリントは作られた時からかなり褪せてきていると思われます。
実用すると確実に「安っぽい白い軸のおもちゃみたいな万年筆」
になってしまうでしょうから、必然的にコレクションとしての死蔵品になります。
何本か持っていたら1本くらい使ってみてもいいな、とは思っているので
どこかで見つけたら使ってしまうかもしれません。


*今回紹介の2本の万年筆の定価推測は、新たにリンクさせていただいた
なにそれ~」様の記事を参考にしております(デッドストック品の定価はあってないようなものだから)。
紹介されているペンがなかなか面白くて、
またペンの背景に使われている小物や書籍も興味深いので楽しいブログです。

 この記事へのコメント 

このコメントは管理人のみ閲覧できます
あずみ様
オークションより「ペリカン ペリカーノ 限定スペシャルセット*ピンク*日本未発売」
http://page6.auctions.yahoo.co.jp/jp/auction/f100619751
如何でしょうか?
「日本未発売の限定色、特に珍しいピンクの限定セットです!」との事です。
あずみ様、何度もすみません。
同じくヤフーオークションから「デルタ社 とても美しい万年筆 パッション ピンク」
http://page.auctions.yahoo.co.jp/jp/auction/136154466
黒いキャップが問題ですが、珍しい仕様ではないかと思い。
如何でしょうか?(笑)
あれは予定調和です。それっぽかったですから。
私は「ここまで」で入札して放っておいてましたし、
競り合ったという感じではないですねえ。
競合を避けるため、こっそりID教えてください(笑)
>J-ROADCREW様

いつもありがとうございます!
ペリカーノはちょっと違うかなあ?と見送っております。
字幅も細めがいいですし、軸も細めが好きなので。
「パッション」は「ストーン・コレクション」よりずっと惹かれるのは何故でしょう?
しかしお値段が良すぎますーっ!

分度器ドットコムさん、行って来ましたよ!
例のペン確保です。
行ったの2回目なのに覚えられていました……。
着物だから?
この記事へコメントする














(△お好みの文字サイズになるまでクリックしてください)
08 | 2017/09 | 10
- - - - - 1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30

高瀬あずみ

Author:高瀬あずみ
関西在住。持ち物をピンクで揃えようと努力中。

名前:
メール:
件名:
本文:

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。