スポンサーサイト 

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。


 ピンク27号~de Libris  Adreena padova 

カジュアルな万年筆ですが素性がよくわからないペンのひとつです。
「de Libris(デリブリス) アドリーナシリーズ パドバ万年筆」
という名前で販売されていました。

deli1
deli2

鉄ペンとはいえ定価3,150円なのでてっきり人工皮革かと思いきや、
牛革巻きらしいです。
de Librisって革のブックカバーとか聞いたことがあるような?
なので元は革が専門なのかなあ?とか推測。
継ぎ目は見た感じではわからないのは優秀。

deli3

紙箱ですがなかなかオシャレなケースに入ってきました。
しかし(読めないかもしれませんが)値札を見ると混乱できます。
箱には「MILANO」とあります。
ペン先には「GERMANY」まあ、これはよくあること。
シュミットぽい。
しかし値札には「Made in TAIWAN」。
デザインをイタリアでしてペン先はドイツの使って台湾で組み立てた、
ということでしょう。
これもありがちではありますが、原産国を名乗れるのは組み立てた国なの?

字幅の記載はありません。
まだインクを通していませんが国産M程度と予想しています。
ヨーロッパタイプのショートカートリッジを使用。
どうがんばってもコンバーターもロングタイプのカートリッジも入りません。
どうも軸の底に突起があって、外からだと使えそうなのに無理なのです。

キャップに金属部分が多いのでサイズのわりに重みを感じます。
全体で29g(これは誤算クラスの重さ……)、キャップのみで16g。
キャップを挿さないで使うには本体だけだと117mmなので厳しい短さです。


デリブレス アドリーナ パドバ 万年筆
ペン先:スチール 字幅:記載なし
キャップ・胴軸:真鍮に牛革巻き
首軸:樹脂黒
金属部分は銀色メッキ仕様
収納時約137mm、筆記時約160mm
カートリッジ式(ヨーロッパ・ショートタイプ)
嵌合式キャップ


*おまけ。
これはたぶん本当に偽革巻きのボールペンです。

deli4

ホワイトデー対応なのでしょうか?
たいへんパッケージも愛らしい。
型押しがバラなのが高ポイントで蝶のチャームがついています。
書き味は普通。チャームは邪魔(笑)
中国製なのは目をつぶるけど万年筆だと嬉しかったのに!

 この記事へのコメント 

本日のピンク情報は、ちょっと趣変わって
「ヴァルドマン タスカーニ スパイラル ピンクゴールド純銀万年筆M」
http://page21.auctions.yahoo.co.jp/jp/auction/j128157857
このメーカーの名は聞いた事がありますが、評判等は知りません。
お好みに合うかどうか? 軸が純銀製との事ですが、ペン先がシュミットの鉄ペンってところが、何故って思っちゃいますね。
現在の入札価格ですと、ちょっといけるかな?ってところですか?
>J-ROADCREW様

いつもありがとうございます!
金属軸で重そうなのでこれは見送りました。
でも鉄ペンなのは納得いきませんねー。
こんばんは。ご無沙汰しております。
デザインがイタリア、ペン先がドイツ、そして組立てが台湾ですか。
日本製であれ、原材料は海外から輸入しているというケースはたくさんあります。
原材料を輸入し、大変優秀な技術で完成させるのが日本製品ですからね。
この万年筆、プレラと同じ価格で買えるとは驚きです。
そういえば、プレラの透明軸がレギュラー化したそうですね。
>ヘンリー様

こんばんは。
見た目はそれなりのペンですけれど、中身はプレラの方がいいです(笑)
黒・ベージュ・水色が他にはあるよう。
たしかに「メイド・イン・ジャパン」だって同じですね。

> そういえば、プレラの透明軸がレギュラー化したそうですね。

それは嬉しいニュースです!
ヘンリー様も購入できますね!
廃盤になる色を手に入れておこうかしら(笑)
こんばんは。やはりプレラの品質には勝てませんよね。
メイド・イン・ジャパンの誇りです。

私は今プラチナ・ギャザードを買おうと思ってますが、
これをやめてプレラにすれば6本ほど買えます。
ナガサワさんオリジナルのプロフィット万年筆も欲しいですしね。
ああ、どうしましょう……
>ヘンリー様

何本もプレラを持っている私が言っても説得力はありませんが、
プレラはFとMの2本持っていれば十分だと思いますよ。
プレラのFは細いので細かい字を書く用途には向きますが
万年筆らしい書き味の楽しさには欠けるように感じています。
(それはそれで好きではありますが)

ですから、プラチナ・ギャザードなりナガサワ・プロフィットなり
本当に欲しいものを優先ないしそれに向けて準備をし
透明プレラは1本(F)に留めておかれることをおすすめします。
この記事へコメントする














(△お好みの文字サイズになるまでクリックしてください)
07 | 2017/08 | 09
- - 1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31 - -

高瀬あずみ

Author:高瀬あずみ
関西在住。持ち物をピンクで揃えようと努力中。

名前:
メール:
件名:
本文:

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。