スポンサーサイト 

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。


 ペンクリニック(パイロット・大阪梅田) 

2月26日・27日に、大阪梅田チャスカ2Fのナガサワ梅田店にて
パイロットの広沢諄一によるペンクリニックが行われました。

いつもならば土曜日初日にお邪魔するところを
今回は事情により2日目の日曜日になりました。
11時頃てろてろと参りますと、1~2人待ちといったところでしたので、
名簿に記入して店内を見学しておりましたら待ち時間もまったく苦になりませんでした。

本当ならばパイロットのペンを……と言うところなのですが、
何しろパイロットのペンは優秀ですから不都合がありません。
そこで悩んでひねり出したペンを見ていただきました。
……そこまでして行く理由がどこにある?と言われそうですが
パイロットのペンクリニック、前回は広沢氏でなかったので
一度お願いしてみたかったのです。

私が出したのはウォーターマンのレディ・アガサ、オールドローズ。
書いている途中でかすれる症状が出る(こともある)ので。
ところが広沢氏の手の中では異常ナシ。
カートリッジに水を入れた実験でもインクの流れにも問題ナシ。
少し切割りをいじってもらいましたが、
「状態は完璧」という診断をいただきました。

3回目のペンクリ、今回は周囲の商品に惑わされることもなく、
広沢氏の手元に注目。
なんというか、理系的なペンクリだなー、という印象を受けました。
器具などのせいもあるのでしょうけれど。
度胸がないのと、後にお客さんがあったのとで色々お話を伺ったりはできませんでした。

*レディ・アガサですが、この日自分と友人の手持ちのノートで実験をしたところ、
ドイツ製のノート(Behr Design)、LifeのPremiumノート、ツバメのフルースにて
途中で書けなくなる症状がやはり出ました。
これに関しては私より筆圧の低い友人にも試してもらいましたが同じです。
ところがミドリのMDノート、リスシオー1では問題なく書くことができたのです!
ヤンセンのインクが合わないだけなのかもしれませんが、なかなか興味深い結果となりました。
……2人でナチュラルにそんなにノート持ってきているのもどうかと(笑)
あとでもらったパイロットの便箋でも実験してみるとしましょう。


ところで、ナガサワではおなじみT氏に相手をしていただき、
『万年筆国産化一〇〇年』に載っていたナガサワ・オリジナルインク
「有馬アンバー」誕生の経緯をライブで伺うことができました。
いやあ、面白かったです。
有馬温泉の金泉でお湯をすくって色を確認している場面を
ナガサワのお得意様に見つかってしまったとか。
ああ、次の新色もきっと拘りぬかれた素敵な色になることでしょう。

ちなみに。
ペンクリは初日に「濃い方々」がいらしていたそうで。
そういう光景も見てみたかったかもしれません(笑)

 この記事へのコメント 

この記事へコメントする














(△お好みの文字サイズになるまでクリックしてください)
09 | 2017/10 | 11
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31 - - - -

高瀬あずみ

Author:高瀬あずみ
関西在住。持ち物をピンクで揃えようと努力中。

名前:
メール:
件名:
本文:

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。