万年筆(1500円以下)の記事一覧 

 スポンサーサイト 

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。


 PILOT kakuno 

ここのところ、パイロットが低価格帯の万年筆でがんばっているなあ、
という印象があります。
コクーンあたりは、低価格でもそれなりの高級感がありましたが、
もっと根本的に、「学童用万年筆」の雰囲気で発売されたのが
このkakuno(カクノ)のシリーズ。
価格帯的にはセーラーのキャンディと同じですし、
海外製の学童用万年筆が元気な昨今、若年層を取り込もうという目論見!?

キャンディはともかく、ペリカンやらファーヴァーカステルやらの学童用万年筆は、
私の心をもうひとつ、そそりません。
原因は形状。
どんなに持ちやすくて、どんなに書きやすかったとしても。
やたら大型だったりするのは趣味じゃないんですね。
そもそもピンクがない時点で論外だし。

とは言うものの、第一弾が発売されたときは、「ピンク(マゼンダ)」に惹かれるところはあるものの
手を出す気はありませんでした。
しかし第二弾の「ソフトピンク」を見てしまっては
やっぱり一応、行っておこうかなぁ……とあっさり宗旨替え(笑)
軸が白だというのもポイント高かったみたいです。

IMGP7022.jpg

文具店などの配列を見ても、さすがパイロットはうまいな、と感じます。
この説明書入りのケースがあるところが、
まったく初めて万年筆を買う人にも敷居を低くしています。
実際、文具店のPOP見ると売れてるみたいで
万年筆ファンとしては嬉しい。

IMGP7023.jpg
IMGP7024.jpg
首軸が透明だったり、ペン先が顔になっていたりと、
小技もにくい。
変に大型にしなかったのも、ペンケースに入れやすいという利点があります。
だいたい日本人は小型化が得意な民族ですしねー。

あと、カートリッジだけじゃなくてコンバーターが使えること。
説明書にもcon-20とcon-50が使えると明記してあるし。
ただまあ、本体1,000円の万年筆に500円のコンバーターを
いきなりつける初心者はあんまりいないでしょうけれど、
ステップアップしていくことを考えると、とても良い気がします。
価格帯とかの手軽さから言えばバーディ復刻でも良い気がしますが、
あれ、con-50使えないしなあ。

カートリッジも同じ陳列で複数色を展開しているのもいいです。
ただどうせなら2本100円でセーラーやプラチナと揃えればいいのに。
そして一箱500円でもいいから、iroshizukuのカートリッジ発売して欲しい。
要望でも出すかな、パイロットに。

しかし白軸にパステルカラーのキャップは可愛い。
水色とかもちょっと欲しくなってしまうけれど、
そこはぐっと我慢です。
ピンク(マゼンダ)の白軸で中字があったら私にはもっと危険だけれど。

 付録の魅惑 

カテゴリ分けにちょっと悩むブツでございます。
万年筆好きであればかなりの皆様が手を出している、
雑誌付録の万年筆。

IMGP6972.jpg
IMGP6973.jpg

アニエス・ベーは嫌いなブランドではありませんが、
かといって欲しいブランドでもない。
ただ、このトカゲは可愛くってなかなか愛しい。
爬虫類系はわりと好きな方だったりします(笑)

見た目は高級感があって、コーチ万年筆同様、いい感じではありますが、
無印シンプルなペン先は、正直テンション下がります。
正直に中国製だと言ってしまっていいのよ?
あと、ペンが重いし黒軸に愛がない(アニエスなら黒しかありえないけど)し、
使わないこと確定な1本ではあります。
でも付録とかおまけとか、そのなんとなくお徳な感じとか
なんとなくチープなところとこは愛しく感じないわけでもないのです。
せめてヨーロッパ系コンバーター使用できれば実用も考えるのに。

我が家のおまけーず。
IMGP6974.jpg

あと、カンポ・マルツィオに似てると言われていたので
緑で並べてみました。
IMGP6975.jpg
系統として似ていると言えば似ていますが
雑貨店で並んでたら100%選ぶのはカンポだな(笑)


 PILOT ROISSY~謎のトリコロール~ 

ヤフオクをぼんやり見ていたら網に引っかかった1本。
IMGP6961.jpg
IMGP6962.jpg
ピンクと言えばピンクだし、チェリーレッドとも言えそうだし、
メーカー表記は赤のような気もしないでもない微妙な色合い。
同じパイロットでも一見バーディよりは高級に見えないこともないけど、
実物はとってもプラスティック感満載の軽さ&チープさ。
でも、可愛いよね?

中古品だったので洗いまくって磨きまくっても、
首軸の腐食だけはどうにもならないので、
あっさりと実用にしてます。
パイロットだし書きやすいし。

バーディの英語表記も謎でしたが、このロワジーの仏語表記も謎(笑)
IMGP6963.jpg
「ILE DE FRANCE/PARIS/ROUSSY」ですから。
イル・ド・フランスって、それもパリやん(笑)
で、クリップにトリコロール。
いや、あんたパイロットだし。日本製だし。
そんなにおフランスに拘りたかったのか。
クリップも、うにょっとしてアールヌーヴォーを意識したのかも???
でもただのカジュアルペンでしかないんですけどー(笑)

悪く言ってるように見えるかもしれませんが、
実際気に入って使ってます。
わざわざCON-50挿してね。
軽いって最高!

推測でしかありませんが、昭和末期か平成初期のペンでしょう。
そのあたりのペンって、迷走気味で面白くて好きですが、
あまりにカジュアル路線(女子学生のペンケース入り狙い)だと
使い捨てられたのかあまりオクにも出てこないのが惜しいです。


PILOT「ROISSY」
ペン先:ステンレス F (Rの飾り刻印)
ボディ:プラスティック(樹脂というよりプラスティック)
収納時約144mm、筆記時約152mm
カートリッジ/コンバーター両用式
キャップ嵌合式

Pilot iroshizuku 躑躅 使用


 きゃんでぃ DE まんねん 

我が家の万年筆最大勢力はセーラーですが、
その中でも「ふでDEまんねん」と「キャンディ」が二大派閥。
しかしこの二つの派閥はそれぞれに微小な問題を抱えておりました。

IMGP6944.jpg
まずは「ふでDEまんねん」ですが、多様な字幅を1本で楽しめる特性に魅せられて、
ネーミングに爆笑したのも遠い過去。
インクの試し書きやら年賀状やら特殊な用途で大活躍!
……なのですが。
カートリッジ2本を収納できる軸の長さが欠点。
ペンケースによってはサイズが合わず、持ち歩きに向きません。
我が家にもあるキティちゃんのタイプや「プロフィットふでDEまんねん」ならば
その問題はクリアしますが、
キティちゃんはプリントが剥げるのが見える為に実用不可。
「プロフィットふでDEまんねん」はプロフィット型と黒軸という
私の好みからはずれる色と形の為に却下。
限定発売されたという「プロフィット透明ふでDEまんねん」が入手できればいいのですが、
オクですら見たことがなく入手不可能。

IMGP6945.jpg
さて、「キャンディ」ですが。
価格・形状等にまったく問題はありません。
セーラーの万年筆なのだから書きやすいのも確か。
それなのに、実はこれまで一本も実用に供したことがありません。
何故か。
ペン先があっさりしすぎていて面白みがないから。
だいたい私は銀色より金色が好きなんですよ。
なのにシンプル一辺倒のペン先。
(*手持ちではスケルトン花柄は金色ペン先ですがこれはコレクション品なので……)

もちろん、両派閥とも好きだから増えるわけなので
持ち歩きで使えないのはもったいないの一言。


で、本年初頭。
年賀状用にしていた「ふでDEまんねん」を洗浄していてふと。
出来心で「キャンディ」とペン先&ペン芯を入れ替えてみました。
ちなみに首軸ごとの交換は首軸の長さが違うことと、
「ふでDEまんねん」の首軸は黒、「キャンディ」の首軸は白という
色の違いがあるという理由から見送り。

IMGP6946.jpg
IMGP6947.jpg
これが!
まさに私の理想にストライク!
(ちなみにインクは葉書や封書の宛名書きのため、青墨が入ってます)

で、調子にのって透明ゴールドのペン先も交換。
ねえねえ、これって「プロフィット透明ふでDEまんねん」に対抗できるじゃない!?
IMGP6953.jpg
IMGP6950.jpg
インクはペンに合わせて、ナガサワの「新開地ゴールド」だ!

……今私は。
透明ブラックのキャンディを入手して、極黒入りの「きゃんでぃDEまんねん」を
作りたくてたまらない。
あと、ピンク軸のキャンディでもやりたくて仕方ない。

ただ問題は。
ペン先と軸の両方をいらないと判断されてしまった
こんな微妙なペンができてしまったってことなんですが。
IMGP6948.jpg

さあ、自己責任であなたも「きゃんでぃDEまんねん」を作ってみませんか?
税別2,000円でつくれます(コンバーター500円は別)♪

 Pilot birdie 

古くから万年筆に親しんでいる人や、ちょと詳しい人なら知っている、
パイロットのバーディをようやく入手いたしました。
IMGP6514.jpg

知っている人は知っているらしくとも、
万年筆に興味を持って関連ブログ漁りをしなければ
私は知らないままでいたかもしれません。
そんなわけで、ネットでの画像は見ていても既に販売されていないペン。
デッドストックも自力では見つけられず結局オークション。
オークションでも結構長い間網張るはめになりましたが。

当時価格700円に恥じぬ、たいへんカジュアルな万年筆。
プラとアルミの本体は軽いったら軽い。
そして小さい。
実物を手にして思ったことは
「こんな様相じゃあ店頭で見ててもスルーするくらい印象に残らなかっただろうなあ」
今だからこそ可愛いと思うけれど、他の筆記具に埋もれてしまいそうに地味。
ボールペンやサインペンにまぎれてしまって「万年筆」だなんて気が付かないかも。
筆記具としてはあまりにも普通な感じ。
でも欲しかったんだよ!

IMGP6515.jpg
ペン先にはJISマーク。それだけで時代を感じます。
IMGP6516.jpg
天冠と尾栓がピンクでまあるいとことが可愛い。
軸には
She dreamt of the pretty toy
とあるんですが、結局何が言いたいのか不明。
それっぽく横文字が並んでいればよかっただけ?

IMGP6517.jpg
全長11.7mm。
手帖に挿して使うにはちょうど良さそうですが、
スペアもないし、やわらかいアルミボディがぼこぼこになるのも見たくないので
やっぱりコレクション用かなあ?

ちなみに長さを見るために私は竹定規をよく使っていますが、
単に実用品として竹定規がめちゃくちゃ好きなだけです。
10cm・20cm・30cm・40cm・50cm・100cm・2尺と揃っていたり。
使用頻度の高いのは20cmと40cm。
筆記用具としてでなくほとんど裁縫道具ですが。

(△お好みの文字サイズになるまでクリックしてください)
07 | 2017/08 | 09
- - 1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31 - -

高瀬あずみ

Author:高瀬あずみ
関西在住。持ち物をピンクで揃えようと努力中。

名前:
メール:
件名:
本文:

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。