万年筆(ピンク)の記事一覧 

 スポンサーサイト 

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。


 SAILOR ~Lecoule Rose Quarts 

セーラー万年筆ピンク祭り(3/5)

セーラーが初心者用に販売するレクル。
人気のあるプロギアに似たフォルムと、手の出しやすい価格で
最初から注目はしていましたが、
最初のラインナップにピンクがなかった時点で興味を失いました。
しかし第二弾の宝石シリーズに、ついにピンクが!

IMGP6967.jpg
IMGP6968.jpg
名前の通り、かなりローズクォーツ、紅水晶の色目によく似ています。

IMGP6969.jpg
ペン先にもイカリのマークがあり、キャンディのペン先に比べると凝った印象。
全体的なサイズは、プロギアより細く小さめ。
実はプロギアスリムとサイズが同じなため、キャップを付け替えたりもできます。


このレクルのローズクォーツ、ぱっと見は高級感もありますし、
金ペンにできたら「江戸桜」の下位互換になるんじゃないかとか妄想します。
ただペン芯はプロギアスリムの方が長く細いので、
ペン先やペン芯を交換できるかどうかは不明です。
やってみたいのは山々なのですが
我が家にはロジウム加工(銀色)の金ペン先にフリーのものがないので
現状このまま使用していくでしょう。

セーラー万年筆 レクル ローズクォーツ
ペン先:スティール 中型ニブ 字幅MF
ボディ:半透明樹脂 ピンク
収納時約124mm、筆記時約140mm
カートリッジ・コンバーター両用式
ねじ式キャップ

ACTクリエーターズボックス「秋桜色」 使用




 SAILOR ~DAKS SIMPSON <Crest> PINK 

セーラー万年筆ピンク祭り(1/5)

以前、こちらで紹介いたしました
SAILOR製DAKSの万年筆――にピンクを発見したので
思わず確保してしまっていた1本です。
だって形状も柄もすごく好みなんだもの。
コンバーターが使えないという難点すら目を瞑るくらいに。

IMGP7017.jpg
IMGP7018.jpg
IMGP7019.jpg
ピンクが思っていたより濃いかという気もしますし、
正直このペンならばピンクより白の方がすっきりしていて好みかもしれない。

IMGP7020.jpg
我が家の細いセーラーたち。
コンバーター使えるのがホスカルだけとはちょっと詐欺のような気もします。

 Platinum courreges~Pink logo~ 

以前ネットショップの在庫で品切れしていて縁のなかったペンですが、
見つかる時には見つかると言うか、
どうも我が家に集まりたがったらしく、あっさり確保できた1本。

IMGP6964.jpg
IMGP6965.jpg

クレージュというブランドそのものに対しての関心は今も昔もまったくないのと、
ロゴマークが飛んでいても嬉しくないタイプなので
デザイン的には本来好みではないんですが、
ピンクだし、14Kだし、プラチナだし。
これはもう、確保しとかないといけないでしょう。

IMGP6966.jpg
クレージュのピンク万年筆が4本揃うの図。
この4本、サイズ的にそう変わりはないのに、
真ん中2本の金ペンはコンバーターが使えるのに、
両端2本の鉄ペンはコンバーターが入りません。
まあ使うなら金ペンなので問題はありませんけれど。


PLATINUME万年筆「courreges ピンク ロゴマーク」
ペン先:14k F 
ボディ:金属軸ラッカー仕上げ
収納時約139mm、筆記時約150mm
カートリッジ/コンバーター両用式

 Platinum クレージュ万年筆(レディ) 

先日、クレージュの万年筆を紹介したばかりですが、
実は1本じゃなかったんだよ、というお話。
こちらはデッドストック品。

IMGP6518.jpg
首軸のみプラスティックですが、他は金属に塗装なので、
先日のものよりぐっと高級感があります。
でも見た感じ、ペン先は同じじゃないかという疑惑。
デッドストック品だから金メッキもきれいに残っているけれど形状がまったく同じです。
値段の差は軸の差だけ?

IMGP6521.jpg
キャップも胴軸も、ややふくらんだ形なのが特徴。
というか、シルエットが女性のボディのようで色っぽいとか
思ってしまうのは私だけでしょうか?
胴軸の先端など細く締まって、脚線美を感じさせます。
ハイヒール型のペントレイとかあったら……なんて考えてしまったり(笑)

IMGP6519.jpg
キャップは嵌合式で、カートリッジ・コンバーター両用式。
当時価格は5,000円クラスかと。
配色とか丸みとか、Campo Marzioのピンクと似ているかもしれない。
つまり、私好みということですね。
せっかくきれいな姿で手に入れたのでこれは当分観賞用です。

リンク先の『なにそれ~』さまのこちらの記事にて
同じレディの黒と水色も紹介されたばかりですが、
水色も趣が違っていていいなあとか、黒軸でもこれならいいかもとか、
スタイル的に実に魅力的です。
ロゴがなければもっと好き……とか、商品コンセプト台無しな本音も出そうになりますが(笑)


**私信**
東京都のK・Oさま。
もしご覧になっていらっしゃいましたらメールフォームからでもご連絡願えませんでしょうか。
1日早いですけれどお誕生日おめでとうございます。

 京都セルロイド サクラ(シリンダー) 

購入したのは最近ではないのですが、何か記念日的な時に紹介しようと
取っておいたのです。
ちなみに記念日は16日が私の誕生日だったということで。
1日おきの更新にしているので日は過ぎておりますが。

購入したのはナガサワの三宮DENにて。
シガー(バランス型)かシリンダー(ベスト型)にするかかなり悩みましたが、
プラチナのセルロイド・サクラがバランス型なのと、
元々好みがベスト型で、このシリンダーなら天冠と尾栓のピンクがアクセントになっていたので、
結局お馴染みの形に落ち着きました。
IMGP5725.jpg

サクラというにはピンク部分が濃い目ですが、半透明部分がアクセントになっていてきれい。
イチゴミルク味がしそうで、
シガータイプだったら思わず口にしてしまいそう(笑)
ここのキンギョも赤みの強いキンギョで可愛いです。
IMGP5727.jpg

セルロイドなのに、嵌合式のキャップなんです、これ。
密閉性は大丈夫なのか!?
クリップが手作り系の万年筆の中では凝っていて好印象。
刻印がクリップ両横に入っています。
首軸が黒のプラスティックなのが「惜しい」けれど。
ペン先はお馴染みシュミット製のM。
キャップが重いので後ろにポストして使うと重心が後ろに下がります。
セルロイドの本体そのものは軽いのですが。
コンバーターが最初から付属。
IMGP5728.jpg

HPを見たら、セルロイド・メッシュの14k万年筆については、
セーラーと提携するみたいなので大橋堂みたいになるのかな?
でもメッシュのデザインはもうひとつのような気も……。

記事からピンときた人もいるかもしれませんが。
未使用です、このペン。
セルロイド軸のペンも、シュミットのペン先もこれまでに持っているわけで、
未使用でいても何ら問題ないというか。
ペンがありすぎるのが問題というか。
レビュー希望があれば試します。

(△お好みの文字サイズになるまでクリックしてください)
07 | 2017/08 | 09
- - 1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31 - -

高瀬あずみ

Author:高瀬あずみ
関西在住。持ち物をピンクで揃えようと努力中。

名前:
メール:
件名:
本文:

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。